本文へジャンプ

決定 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムと サービスの拡張)」のうち、「東京臨海部実証実験に係るインフラ整備、事前検証及び維持・管理」に係る実施体制の決定について

2019年3月13日

概要

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P18012
事業名 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 ロボット・AI部 モビリティグループ
担当者:水ノ江、福田、林
TEL:044-520-5247   FAX:044-520-5243

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)」のうち、「東京臨海部実証実験に係るインフラ整備、事前検証及び維持・管理に係る公募を実施し、ご提案いただいた2件の提案について、NEDO内の審査を経て、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

1.件名

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)」のうち、「東京臨海部実証実験に係るインフラ整備、事前検証及び維持・管理」

2.事業内容

本実証実験は、交通インフラから提供される信号情報や合流支援情報等の交通環境情報利活用のしくみを構築し、インフラ協調型の高度な自動運転を早期に実用化することを目的とする。そのために必要となる実験環境(インフラ)の整備、事前検証及び維持・管理を行う。

3.委託予定先

  • 三菱電機株式会社
  • パシフィックコンサルタンツ株式会社
  • 株式会社NIPPO

4.事業期間

2018年~2020年度

資料