本文へジャンプ

決定「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/(1)無人航空機の運航管理システムの開発/6)遠隔からの機体識別に関する研究開発」に係る実施体制の決定について

2019年6月27日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、2019年3月19日~2019年5月7日の間にかけて「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/(1)無人航空機の運航管理システムの開発/6)遠隔からの機体識別に関する研究開発」に係る公募を実施し、ご提案いただいた1件の提案について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員会委員一覧は別添のとおりです。

件名

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/(1)無人航空機の運航管理システムの開発/6)遠隔からの機体識別に関する研究開発

事業内容

無人航空機の普及に伴う機体の登録や識別方法、及び、このシステム全体のセキュリティ等を含めた、機体の遠隔識別(Remote-ID)に関する空域管理等の運用ルールの導入に資する研究開発を実施します。

遠隔からの機体識別(Remote-ID等)に必要な、要件定義・通信方式の選定を行い、データ形式・運用シーケンス等を検討し、機体搭載用の送信機・受信機を具備した無人航空機の機体識別情報、及び位置情報等を共有する通信システムのプラットフォームを開発する。また、有人航空機と無人航空機の空域共有を想定した飛行情報(無人航空機の運航管理者情報機能、飛行計画管理機能、機体情報管理機能等)の情報共有システムを開発します。

さらに、運航管理システムに統合するためのアーキテクチャ設計、API及びデータフォーマット等を策定、セキュリティ対策の検討等を行い、無人航空機の機体情報の遠隔把握や地上の通信インフラを介した情報共有に関する各種試験へ反映します。

なお、以上の検討事項については、国際的な検討状況との整合を図りつつ、国内外の関係者を構成員とする委員会を構成し検討します。

実施予定先

(共同提案)

日本電気株式会社、株式会社日立製作所、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、Terra Drone株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、国立研究開発法人情報通信研究機構
国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

事業期間

2019年度~2021年度(3年間)(予定)

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 産学連携・人材育成 プロジェクトコード P17004
事業名 ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 ロボット・AI部
担当者:宮本、永松、山名
TEL:044-520-5244   FAX:044-520-5243

関連ページ