本文へジャンプ

決定 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」のうち「アーキテクチャ構築等」に係る実施体制の決定について

2019年8月2日

概要

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P18013
事業名 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
地方公共団体
問い合わせ先 ロボット・AI部 AIグループ
担当者:「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期 ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術におけるアーキテクチャ構築及び実証研究」担当
E-MAIL:project_p18013_sip_arc@nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期 ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術におけるアーキテクチャ構築及び実証研究」に係る公募を実施し、ご提案いただいた29件の提案について審査を行い、別紙1のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別紙2の通りです。

1.件名

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期 ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術におけるアーキテクチャ構築及び実証研究」

2.事業概要

本事業では、スマートシティ、パーソナルデータ関連分野において、ビッグデータとAI等を活用した研究開発・実証を進めることで、システム全体を俯瞰し分野・企業横断の連携を可能とするためのアーキテクチャを構築し、国際標準化、データ連携、制度整備等を加速することによって、Society 5.0を支える科学技術・イノベーションの社会実装を関係省庁と連携しながら推進します。アーキテクチャの構築は、EU、米国が政府主導で、あるいは企業が独自に進めている分野もあることから、国内外調査等も併せて行います。

3.事業期間

2019年度

資料