本文へジャンプ

決定「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」(研究対象の追加)に係る実施体制の決定について

2017年5月29日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」(研究対象の追加)に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

件名

超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト

事業の概要

日本が強いとされる材料分野での競争力を今後も維持・強化していくためには、新しい機能性材料を創出し続けていくことが必要です。そこでNEDOは試作回数や開発期間の大幅短縮を目的に、計算科学や人工知能を活用した革新的な材料開発手法を構築するため、茨城県つくば市の先端素材高速開発技術研究組合と国立研究開発法人産業技術総合研究所において研究を実施しています。(超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト、平成28年度~平成33年度)

今回、計算科学等を活用しナノカーボン材料(CNT、グラフェン)を対象に研究を実施する3者(古河電気工業株式会社、日本ゼオン株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所)の共同提案を採択しました。

委託予定先

別紙の通り

事業期間

平成29年度~平成33年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 材料・部材 プロジェクトコード P16010
事業名 超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等、研究者・研究チーム
問い合わせ先 材料・ナノテクノロジー部
担当者:國谷、岡本
TEL:044-520-5220   FAX:044-520-5223