本文へジャンプ

決定「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト」に係る実施体制の決定について

2017年6月26日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、平成29年3月17日から平成29年5月9日まで「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト」に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、別紙1のとおり4件の採択先を決定いたしました。

事業概要

2012年7月からスタートした固定価格買取制度(以下、「FIT」という。)によって、太陽光発電の大量導入は進みつつありますが、FITに頼らない太陽光発電の普及を目指すため、システム価格の低減と発電効率の向上に目標を持って取り組みます。具体的には、モジュール取付技術や施工技術によるBOS(Balance of System)コストの低減と、周辺機器の高機能化や追尾・反射・冷却等の機能付加による発電量の増加、これらを実現させる技術を開発し、発電コストの低減を推進します。

審査状況

提案された7件の研究開発テーマについて、外部有識者による採択審査委員会(別紙2)及びNEDO内の厳正な審査を経て、4件の採択テーマ(別紙1)を決定いたしました。

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 太陽光 プロジェクトコード P14019
事業名 太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 太陽光発電グループ
担当者:森田、近藤
E-MAIL:pvgroup@ml.nedo.go.jp