本文へジャンプ

決定平成30年度「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業」に係る実施体制の決定について

2018年9月5日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業」に係る公募を実施し、ご提案いただいた5件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、別紙1の通り、委託予定先、助成予定先を決定いたしました。

件名

  • 〔1〕「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(港湾区域)」(助成事業)
  • 〔2〕「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(一般海域における洋上ウィンドファーム基礎調査)」(委託事業)

事業概要

日本での風力発電の導入拡大には、洋上風力発電の導入が不可欠であり、地形や海象特性を踏まえた洋上ウィンドファーム(風力発電システムを複数基配置した発電所)の早期導入が求められています。

NEDOでは洋上ウィンドファームの開発を加速させ、洋上風力発電の導入拡大および産業競争力を強化するため、下記事業をそれぞれ実施します。

〔1〕「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(港湾区域)」
洋上ウィンドファームの開発を行う事業者に対し、その開発に必要な事業費(風況精査、海域調査、環境影響評価や、風車、基礎、海底ケーブル、変電所などの調査・設計に係る費用)の一部を助成するとともに、事業費・運転保守費などを詳細に試算し、発電コストに係る基礎データとして取りまとめます。
〔2〕「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(一般海域における洋上ウィンドファーム基礎調査)」
一般海域における海底地盤、気象・海象などの情報を効率的に収集する方法を策定し、実海域において洋上風力発電設備の設置に係る基礎設計に必要なデータを収集します。

委託・助成予定先

別紙1のとおり

事業期間

〔1〕「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(港湾区域)」
2018~2020年度
〔2〕「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(一般海域における洋上ウィンドファーム基礎調査)」
2018~2019年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 風力・海洋 プロジェクトコード P07015
事業名 風力発電等導入支援事業 (着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)、調査等
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 新エネルギー部
担当者:久保、渡部
FAX:044-520-5276