本文へジャンプ

決定2019年度第2回「地熱発電技術研究開発」に係る実施体制の決定について

2019年9月2日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、2019年度「地熱発電技術研究開発」に係る第2回公募を実施し、ご提案いただいた1件の提案について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別添のとおりです。

件名

2019年度「地熱発電技術研究開発」

事業概要

2018年7月に「第5次エネルギー基本計画」が閣議決定され、同計画において地熱発電は、発電コストも低く、安定的に発電を行うことが可能なベースロード電源を担うエネルギー源と位置付けられています。エネルギーミックスにおいては、地熱発電の2030年度における導入見込量として最大で約155万kW(2016年度実績 54万kW)、発電電力量113億kWh(2016年度実績 25億kWh)の導入拡大が掲げられており、近年の地熱開発では、大型の新規地熱開発が進捗していますが、2030年度の導入目標に向けては、今後更なる案件形成が必要です。

2015年10月には、環境省自然環境局から出された「国立・国定公園における地熱開発の取り扱い」の通知により、これまで開発が認められていない国立・国定公園第2種及び第3種特別地域での開発が条件付きで承認され、今後、地熱資源ポテンシャルが高い同エリアでの地熱開発が、積極的に推進されていくことが予想されます。

自然公園内での開発が推進されるためには、環境に配慮した取り組みが必要不可欠とされるところ、開発のための具体的なルール化や環境保全対策技術の向上等が解決されるべき重要な課題と考えられます。

そこで、本事業では、2030年のエネルギーミックス実現(地熱発電容量155万kWの達成)に向け、地熱発電の導入拡大を促進することを目的に、国立・国定公園第2種及び第3種特別地域内での地熱開発円滑化に資する環境保全対策技術開発を行います。

実施予定先

東北緑化環境保全株式会社

事業期間

2019年度~2020年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 熱利用 プロジェクトコード P13009
事業名 地熱発電技術研究開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 熱利用グループ
担当者:讃岐、丸内
E-MAIL:thermalgroup@ml.nedo.go.jp