本文へジャンプ

決定「洋上風力発電の発電コストに関する検討」に係る実施体制の決定について

2019年9月20日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(洋上風力発電の発電コストに関する検討)」に係る公募を実施し、ご提案頂いた1件の提案について審査を行い、以下の通り、実施予定先を決定いたしました。

件名

(1)洋上風力発電の発電コストに関する検討

事業概要

本調査は、我が国の洋上風力発電のポテンシャルを詳細に把握する為、国内の全海域を対象に、気象・海象条件、水深・離岸距離、社会受容性および発電コスト等から、有望海域を面的に明らかにするポテンシャルマップを作成します。有望海域とは、海域条件に基づく発電コスト、社会受容性および将来の低コスト化を見据えた事業化が可能な海域を指します。

実施予定先

アジア航測株式会社

事業期間

2019年度

募集要項

技術・事業分野 風力・海洋 プロジェクトコード P07015
事業名 風力発電等導入支援事業/着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 風力・海洋グループ
担当者:小島、久保、佐々木
FAX:044-520-5276

関連ページ