本文へジャンプ

本公募 「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/オンラインサービスにおける身元確認の必要性に関する整理とAPI活用による身元確認のあり方に関する検討」に係る公募について

2019年11月29日

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P19001
事業名 Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/オンラインサービスにおける身元確認の必要性に関する整理とAPI活用による身元確認のあり方に関する検討
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募期間 2019年11月29日~2019年12月13日
問い合わせ先 IoT推進部 
担当者:山岡、工藤
E-MAIL:cip@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集します。

1.事業内容

(1)概要

「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」では、データ共有等の協調領域の最大化と、最先端のAI技術を用いたデータ利活用の拡大により、エコシステムを創出し、Connected Industries施策を加速させることを目的としています。

現在我が国では、データ利活用を通じたシェアリングやマッチング等を利用した様々なオンラインサービスが創出される一方で、なりすましや同一利用者による複数アカウント作成等にみられるような行為により、ユーザー、サービス提供者双方の身元が十分担保できないために、有用であるにも関わらず十分に普及していないサービスが存在することが想定されます。このようなオンラインサービスはConnected Industriesを実現する上で重要な役割が期待されるところであり(例:モビリティにおけるシェアリング・相乗りを始めとしたオンラインでの申込み手続き等)、普及促進のため、それらにおける身元確認のあり方を明らかにする必要性が高まっています。

本検討では、〔1〕現在存在するオンラインサービスの身元確認の必要性に関するレベルの分類、整理、〔2〕オンラインサービスを展開する事業者にとってコストの低い形で身元確認を行うためのAPIの活用のあり方について検討を行います。これら検討と合わせて、オンラインサービス事業者、API提供事業者、その他有識者等をメンバーとする研究会を開催し、ガイドラインをまとめます。

上記を通じてユーザーがより安心してオンラインサービスを利用することを可能とするとともに、スタートアップ等を始めとした各サービス提供者がより信頼性の高いサービスを低いコストで実現可能とする環境の整備に繋げ、その普及を図ります。

(2)事業期間

2019年度

2.説明会

当該公募の内容、契約に係る手続き、提出する書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。

なお、説明は日本語で行います。

出席希望の企業等は、公募件名、社名、出席者氏名、出席者の連絡先(TEL番号、電子メールアドレス)を2019年12月3日(火)正午までに電子メールにて上記問い合わせ先までご連絡ください。(様式は問いません)

<日時・場所>

日時:
2019年12月4日(水)
受付:
16時15分~
説明会:
16時30分~17時30分
場所:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 2105会議室
〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー 21階
  • 直接21階までお越しください。(16階での受付は不要です)

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードしてください。

契約約款はこちらをご参照ください。

4.その他

公募時に過去のNEDO研究開発プロジェクトの実績調査をいたします。

応募状況等により、公募期間を変更することがあります。公募期間を変更する場合には、NEDOホームページいてお知らせします。

また、メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。

資料