本文へジャンプ

決定「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/研究開発項目〔1〕高度なデータ活用を可能とする社会インフラ運営システムの開発」に係る実施体制の決定について

2017年7月24日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/研究開発項目〔1〕高度なデータ活用を可能とする社会インフラ運営システムの開発」に係る公募を実施し、外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別添のとおりです。

件名

IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/研究開発項目〔1〕高度なデータ活用を可能とする社会インフラ運営システムの開発

事業概要

人口減少・少子高齢化の進展の中で、社会インフラ分野の効率的かつ持続可能な事業運営は大きな社会的課題です。こうした社会インフラ分野に対して、IoT技術を一連の業務プロセスに導入するための標準化をはかり、IoT活用によるインフラ分野の運営効率化を図ることが期待されています。

社会インフラのうち特に水道事業を対象とし、広域化・統合化・効率化を目的として、本事業を実施します。

委託予定先

株式会社日立製作所、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

事業期間

平成29年度~平成30年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P17003
事業名 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等、地方公共団体
問い合わせ先 IoT推進部
担当者:工藤、山川、小泉
FAX:044-520-5212

関連ページ