本文へジャンプ

決定 「IoT社会の実現に向けたIoT推進部実施事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発(IoT推進ラボ・経済産業省 第5回IoT Lab Selectionとの連携公募)」に係る実施体制の決定について

平成30年10月4日

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング
電子デバイス
プロジェクトコード P*****
事業名 IoT社会の実現に向けたIoT推進部実施事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 IoT推進部 
担当者:大宮、山川、工藤
E-MAIL:iot_lab@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、IoT推進ラボ及び経済産業省と連携し、「IoT社会の実現に向けたIoT推進部実施事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発」に係る公募を実施し、ご提案いただいた116件の提案についてIoT推進ラボの選定した外部有識者による審査及びNEDOによる追加の審査を経て、以下のとおり4件の委託予定先を決定いたしました。

1.件名

IoT社会の実現に向けたIoT推進部実施事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発

2.事業概要

IoT推進部で現在実施中の「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/高度な IoT社会を実現する横断的技術開発(旧:IoT推進のための横断技術開発プロジェクト)」において、技術課題や周辺技術に係る研究開発を行うものです。

<IoT推進ラボについて>

IoT推進ラボ「先進的IoTプロジェクト選考会議(官民合同資金・規制支援)」に係る公募にてFinalistとして選出され、NEDOによる追加の審査の結果、支援を決定したものです。

なお、今回の採択先の内、国立大学法人千葉大学(応募名:チーム「TOMO Cloud」(千葉大学武居研究室))「LTモニタ(リンパ浮腫トモグラフィック)」は最終公開プレゼンテーションで審査員特別賞を受賞した案件となります。

詳しくは、資料リンク先をご覧下さい。

3.委託先

提案者名 提案テーマ名
コニカミノルタ株式会社 橋梁の内部鋼材破断を磁気センシングとAIで可視化する非破壊検査ソリューション
ストリームテクノロジ株式会社 IoT機器向け高性能データ圧縮LSIの開発
国立大学千葉大学 LTモニタ(リンパ浮腫トモグラフィック)
株式会社Liberaware Swarm of Dronesプロジェクト~群制御技術を所有するドローン開発~

4.事業期間

平成30年度

資料