本文へジャンプ

決定 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」のうち、「Society 5.0の実現による高度なIoTソリューションを我が国の地域で活性化・浸透させ、新たな産業創出を行うための事前調査」に係る実施体制の決定について

2018年12月21日

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P18014
事業名 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
地方公共団体
問い合わせ先 IoT推進部 
担当者:御子柴、岩室、神邊、藤野、齋藤(靖)
E-MAIL:sip-phys@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」のうち、「Society 5.0の実現による高度なIoTソリューションを我が国の地域で活性化・浸透させ、新たな産業創出を行うための事前調査」に係る公募を実施し、ご提案いただいた7件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、資料1の通り委託予定先を決定いたしました。なお、採択審査委員一覧は資料2の通りです。

1.件名

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」のうち、「Society 5.0の実現による高度なIoTソリューションを我が国の地域で活性化・浸透させ、新たな産業創出を行うための事前調査」

2.事業概要

本事業の概要は以下の通りです。

Society5.0の社会を早期に実現するためには、地方ごとの地域に根差した社会課題の把握と、地域の産学官等の連携での解決方法の検討考案が重要であることから、本公募においては、地域に強み・特色のある企業等における新たな産業創出を目的とし、サプライ側およびデマンド側双方からのアプローチによる、研究サブテーマIやII等と関連する事例を抽出し、AI等を用いての社会実装を推進する研究開発の検討を行うことを目的とします。

※1 Society5.0
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の
解決を両立する、人間中心の社会

3.事業期間

平成30年度

資料