NEDOアニュアルレポート
33/48

33実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎~応用研究を行う若手研究者の研究シーズ民間企業のニーズに合わせた研究シーズの課題克服を伴走支援し、共同研究まで橋渡し民間企業との共同研究等を実施する若手研究者に企業からの共同研究等費と同額を上限に支援産業競争力の根底となる研究開発力の向上ニーズマッチングサポートフェーズマッチングイベント等(若手研究者+企業)共同研究フェーズ大学等の若手研究者マッチングサポート委託機関研究開発型民間企業創造的な研究開発に基づいた技術シーズが産業に応用されることを目指して、課題克服のために、原理の解明や試作品の開発、実証試験等を行うもの国公立研究機関、国公立大学法人、大学共同利用機関法人、私立大学、高等専門学校、並びに国立研究開発法人、独立行政法人、地方独立行政法人及びこれらに準ずる機関※1:実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎又は応用研究※2:大学等※3:若手研究者事業の開始年度(2021年度)の4月1日時点において、博士号の学位を取得、又は大学等の博士後期課程に在籍している者で、かつ45歳未満の研究者※4:共同研究等日本国内に登記されている企業(その事業活動に関する主たる技術開発及び意思決定のための拠点を日本国内に有するもの)と、実用化に向けた取り組みとして、共同研究、受託研究、技術指導、博士後期課程を対象とした研究インターンシップ、クロスアポイントメント制度の活用等を行うもの助成NEDO委託大学等民間企業チップレット内蔵ウェアラブル μLEDディスプレイの開発(東北大学)【マッチングサポートフェーズ】現在のウェアラブル端末は、腕時計型等、基本的に硬い材料で構成されています。フレキシブルな材料に多機能センサを搭載することができれば、睡眠時でも違和感なく健康状態のモニタリングが可能となる等、さまざまな分野に適用可能となります。そこで、フレキシブルμLEDディスプレイについて高い歩留まりが可能な製造プロセス実現に向け、一辺10-100μm以下のμLEDチップを透明樹脂基板に埋め込む成型技術により、μLEDと基板の接合工程を経ずに製造できることを目指します。「自然との共生を実現する《Garden City型》次世代住宅地モデル開発」(早稲田大学)【共同研究フェーズ】建築学・都市計画学における大学の成果と、企業の木材関連技術・地域密着の街づくりの技術を結集し、ICTを活用した新たな就業スタイルの普及(テレワーク、SOHO等)を前提に、大都市圏郊外の空間的ゆとりを生かし、現代的居住ニーズに応えつつ自然との共生を志向する新たな住宅地のスタイルを提案します。実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎又は応用研究※1を行う大学等※2に所属する若手研究者※3を発掘し、若手研究者と企業との共同研究等※4の形成を促進する等の支援をすることにより、次世代のイノベーションを担う人材を育成するとともに、日本の産業技術力向上に貢献することを目指します。TopicTOPIC官民による 若手研究者発掘支援事業

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る