NEDOアニュアルレポート
41/48

https://www.nedo.go.jp/koubo/choutatu_kankyou.html照明(LED)の間引き消灯を実施2020年度方針 https://www.nedo.go.jp/koubo/ZZAG_100017_00001.html41NEDOは、製品やサービスの購入に際し、できる限り環境への負荷の少ない物品等を優先して選ぶグリーン調達を進めています。また、グリーNEDOは、機構内におけるエネルギー使用量の抑制を図るため、さまざまな取り組みを実施しています。NEDOは、機構内における3R(Reduce/Reuse/Recycle)を目指し、さまざまな事項を実施しています。ン調達を推進するため、「環境物品等の調達の推進を図るための調達方針」(以下「調達方針」という)を毎年策定し公表しています。調達方針に定める判断基準を満たすことにとどまらず、できる限り環境負荷の少ない物品の調達に努めています。2020年度に調達した環境物品等の実績は、環境省へ報告すると同時に、NEDOのウェブサイトでも公開予定です。◦ペーパーレスによる会議・打ち合わせの徹底(ペーパーレス会議システム、ノートPCの活用等)◦両面印刷、両面コピー、複数ページ印刷の徹底◦作成する資料の簡素化・電子化の徹底◦電子決裁システムの導入各階に設置しているゴミ分別容器類特定調達物品特定調達物品は、原則として、調達方針に則し、品目ごとに判断の基準を満たす物品を調達します。特定調達物品以外のその他環境物品等その他の環境物品については、品目に応じてエコマークあるいはグリーンマークの認定を受けている製品、またはこれと同等のものを調達するように努めています。OA機器、家電製品の調達に際しては、消費電力がより小さく、かつ再生材料を多く使用しているものを選択します。執務室の省エネルギー◦昼休み時間の全消灯◦一斉退勤日の励行◦照明機器のLED照明への切り替え紙の使用量削減使用量の削減を目指して右記の事項を実施しています。2020年度は2013年度(実施計画における基準年度)比で紙の使用量を61%削減しました(重量比)。今後の取り組みオフィスが所在する川崎市が掲げる、ゴミの発生抑制、再資源化、焼却量の削減化に向けた取り組み(ミックスペーパー、プラスチック製容器包装の分離収集の拡充等)に対応したゴミ分別および削減の徹底を図っています。また、オフィスの文房具や物品については、一度使用した中古品の再利用を推進するため、ファイルやクリップ等、種別ごとに仕分け保管し、優先して払い出すなど、有効活用を図っています。空調利用の適正化、クールビズの推進NEDO全体で空調利用の適正化及びクールビズ(5月~9月)の励行に努めています。執務室内の室温について節電に努め、夏季はノーネクタイ、ノージャケット等の軽装を呼びかけています。また、NEDOの役職員のみならず、来構者の方々へもご案内し、協力を呼び掛けています。クラウド・コンピューティングの導入2010年度にクラウド・コンピューティングを導入し、機構内に設置していた専用のサーバー室を廃止するとともに、各職員のデスクトップPCをシンクライアントPCに置き換え、消費電力を大幅に削減しました。さらに、2015年度の情報基盤サービスの切り替えにより、ネットワーク機器、複合機の台数を削減し、OA系の電力量を約4割削減しました。グリーン調達に関する取り組み省エネルギー対策省資源対策

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る