NEDOアニュアルレポート
8/48

コ8で るま禍高ナ待ロ期引き続き、自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現や、宅配需要の急増や配達員の感染などによる配達員不足などの課題解決を目指します。公道上での実証実験(ソフトバンク(株))革新的ロボット研究開発基盤構築事業の展開イメージマンション内での配送試行(日本郵便(株))住宅街での配送サービスの実証(パナソニック(株))Annual Report 2020.4-2021.32020年度に行ったNEDOの事業、活動の中で、特に社会の関心の高かったものをピックアップしてご紹介します。自動走行ロボット新型コロナウイルス感染症対策としても注目されている物流拠点から住宅や指定地への配送(ラストワンマイル物流)において、「遠隔・非対面・非接触」を実現するための自動走行ロボットの技術開発に着手しました。開発した自動走行ロボットを用いて、集合住宅や市街地、商業施設、工業地帯などで走行させる実証を実施しています。革新的な産業用ロボット多品種少量生産現場をはじめとする、ロボット導入があまり進んでいない領域にも対応可能な革新的な産業用ロボットの実現に向け、産業用ロボットの重要な要素技術の研究開発を産学連携で着手しました。11社11大学等が参画し、既存技術の改良・改善のアプローチのみならず、サイエンスの領域に立ち返った技術開発や異分野の技術シーズの取り込みなどによるイノベーションの創出を目指します。新型コロナウイルス感染症対策としての非接触のニーズや、近年の労働力不足といった社会課題を背景に注目されるロボット分野で、NEDOは新たなプロジェクトを推進しています。ロボット非接触や多品種少量生産など、時代のニーズに応えるロボットの社会実装を後押しNEDOハイライト

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る