本文へジャンプ

NEDO海外レポート 1008号 地球温暖化特集

ISSN 1348-5350
情報・システム部

全文はこちら【PDF:1874KB】

NEDO 海外レポート

2007.10.3 BIWEEKLY 1008
I.テーマ特集:地球温暖化

  アジアへの環境技術移転とバイオマス-CDMプロジェクトへの期待と展望(NEDOエネルギー・環境技術本部)
     (アジア)【PDF:454KB】

  米国が気候変動科学プログラムの第2回報告書を発表  -「温室効果ガスの排出量と大気中濃度のシナリオ
     および統合的なシナリオの展開と応用に関する評価」(米国)【PDF:23KB】

  温室効果ガス安定化シナリオ―米国気候変動科学プログラムの第2回報告書より―(米国)【PDF:489KB】
  運輸部門における地球温暖化対策(EU)【PDF:24KB】
  英国が世界のリードを目指す二酸化炭素回収・貯蔵技術(英国)【PDF:32KB】
  灌漑による地表面の冷却効果は今後弱まる(米国)【PDF:44KB】
  地球温暖化の影響で激しい暴風雨が増加する可能性(米国)【PDF:17KB】

II.個別特集

  市場志向の研究開発のための欧州全域にわたるネットワーク「ユーレカ」の最新状況(EU)【PDF:95KB】

II.一般記事

  米国の再生可能燃料基準(RFS)が発効(米国)【PDF:16KB】
  光起電力太陽エネルギー技術の戦略的研究行動計画・既存の薄膜技術(EU)【PDF:85KB】
  先端的なクリーン石炭火力発電所の建設が開始-285MWの石炭ガス化複合発電(IGCC)施設(米国)
     【PDF:25KB】

  石炭火力排煙の水銀排出監視システム技術(米国)【PDF:23KB】
  半自発的に運動するバイオハイブリッド素材-ポンプ運動や握る、歩く、泳ぐ等の動作ができる新素材(米国)
     【PDF:44KB】

  米国連邦政府機関における半導体関連技術R&Dの取り組み・国立標準技術研究所(NIST) (米国)
     【PDF:637KB】

IV.ニュースフラッシュ

  米国―今週の動き: i 新エネ・省エネ ii 環境 iii 産業技術 iV 議会・その他【PDF:35KB】

《本誌の一層の充実のため、掲載ご希望のテーマ、ご意見、ご要望など下記宛お寄せ下さい》
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 情報・システム部
Tel.044-520-5150 Fax.044-520-5155 E-mail:q-nkr@nedo.go.jp