成果報告書詳細
管理番号100012579
タイトル平成19年度成果報告書 新エネルギー技術研究開発 太陽光発電システム共通基盤技術研究開発 太陽光発電技術開発動向等の調査
公開日2009/3/13
報告書年度2007 - 2007
委託先名株式会社資源総合システム
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約(1)「海外諸国の研究開発プログラムに関する動向調査」では、アメリカ合衆国、欧州連合(EU)、ドイツ、イタリア、スイス、フランスなどに加え、太陽光発電に関する新興国である中国、韓国、台湾インドにおける太陽光発電の研究開発及び普及状況を調査し、各種太陽電池の研究開発戦略や開発動向をまとめた。(2)「海外における最先端の太陽光発電技術研究開発及びシステム技術開発動向調査」では、世界の太陽光発電研究開発及び技術開発・実証の取り組みについて、最新の動向を調査した。最近の国際会議(EUPVSEC-22、PVSEC-17)から、1理論、新材料、2結晶シリコン、3アモルファス・シリコン、微結晶シリコン、4II-VI族、CIGS、5III-V族、宇宙用、6太陽電池モジュール、コンポーネント、7地上用太陽光発電システム--に分けて、特に優れていると考えられる研究開発について、その概要をまとめた。(3)「研究機関、研究体制の調査」では、主要な研究所における太陽光発電技術開発動向を探るため、1オランダ・エネルギー研究財団(ECN)、2ニューサウスウェールズ大学(UNSW)、3バーデンヴュルテンベルク太陽・水素エネルギー研究センター(ZSW)、--の活動状況を調査した。また、太陽光発電関連の研究開発を行っている代表的な研究機関及び大学について、取り組んでいる研究分野を調査した。欧州及びドイツで実施されている研究開発コンソーシアムのマップをまとめ国内の動向と比較した。また、主要なコンソーシアム・プロジェクトについては、1Athlet、2HICONPV、3CISEL、4SENSE、5PVCYCLE、6FOXY--の概要をまとめ、現在の取り組みや今後の方向を明らかにした。(4)「技術開発動向の比較・分析」では、研究開発動向のまとめとして各国の研究開発状況、予算、目標、変換効率などを比較した。その結果、市場の飛躍的な成長に伴い、太陽光発電に対する関心が高まっていることから、各国とも意欲的な研究戦略を打ち出し、研究開発予算も増額する傾向にあることが分かった。(5)「革新的太陽光発電技術開発の方向」では、2050年における温室効果ガスの半減に寄与する革新的技術開発に向けた太陽光発電技術の開発課題、開発アプローチの方向を探るため、「革新型太陽光発電技術開発検討委員会」を設置・運営し、討議結果を纏め、今後の方向性を打ち出した。
英文要約"(1) Trend of R&D program by country", This survey included the status of PV system R&D, D as well as dissemination status in the USA, European Union (EU), Germany, Italy, Switzerland and France, also additionally emerging countries such as China, South Korea, Taiwan and India and summarized R&D strategy and the trend of various solar cells. "(2) The latest trend of PV R&D, D", Latest trend of R&D on PV power generation technology was surveyed worldwide. From international conferences held recently (EUPVSEC-22, PVSEC-17), particularly excellent R&D, Ds were studied and summarized in the following categories; 1) theory, new materials, 2) crystalline silicon, 3) amorphous silicon, microcrystalline silicon, 4) II-VI materials, CIGS, 5) III-V materials, space use PV, 6) PV modules, components, and 7) PV system for terrestrial use. "(3) Research institutions and framework", In order to find a trend of PV R&D, D in major research institutions, activity status of the following institutes was surveyed: 1) Energy research Centre of the Netherlands (ECN), 2) University of New South Wales (UNSW), 3) Zentrum fuer Sonnenenergie und Wasserstoff-Forschung (ZSW) Baden-Wuerttemberg. Also studied were research areas of major research institutions and universities who are working on PV related R&D. Maps of R&D consortiums implemented in Europe and Germany were summarized to compare with the trend in Japan. Also, the outline of the following categories in major consortium projects was summarized to clarify current activities and future directions: 1) Athlet, 2) HICONPV, 3) CISEL, 4) SENSE, 5) PV CYCLE, 6) FOXY. "(4) Comparison and analysis of PV R&D, D trend" As a summary of R&D trend, status of R&D, budget, target and conversion efficiency in each country were compared. As a result, a trend has been observed that each country has been establishing aggressive R&D strategy and increasing R&D budget along with dramatic growth of the market and increasing public interest in PV power generation. "(5) Direction of innovative technological development of PV", In addition, in order to identify direction of development issues as well as approaches for PV technologies toward innovative technological development contributing to halving the greenhouse gas emissions in 2050,“Exploratory committee on innovative PV technological development” was established and managed, and future direction was proposed by summarizing the outcome of discussions.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る