成果報告書詳細
管理番号100012581
タイトル平成19年度成果報告書 標準化調査研究事業 包括的太陽電池評価技術に関する標準化
公開日2009/3/13
報告書年度2007 - 2007
委託先名財団法人光産業技術振興協会
プロジェクト番号Q05017
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約(1)太陽電池定格出力評価標準化(IV補正、基準日条件)ラウンドロビン実験から得られた全国6個所のデータを基に、環境データから日積算発電量の実績値と計算値の比較を行ったところ、結晶系SiとアモルファスSi系の両方で±5%以内の誤差で一致し、ラウンドロビンに用いた評価手法が屋外での出力特性を求める手法として有効である事が確認された。(2)新型太陽電池評価法標準化(CIS関連評価技術、色素増感、規格体系)CIS関連評価技術に関しては、昨年度作成した5つのCIS系太陽電池TS素案について詳細に検討し、確定する作業を実施した。色素増感太陽電池に関しては、従来のJISに準拠した方法及びこれまでに明らかになった留意事項を標準情報(TR)として公開するため、色素増感太陽電池の性能評価方法の案を作成した。規格体系については、新型太陽電池評価法と既存の太陽電池JISとの包括化を推進するために、規格体系を太陽電池評価技術毎に体系整備することが本年度審議で提案された。(3)長期信頼性評価技術標準化長期信頼性評価技術の標準化に向けた作業としては、太陽電池の劣化事例を収集するとともに、太陽電池モジュールの寿命とは何かについてアンケート調査を実施し、長期信頼性を見極めるための評価手法との関係を整理することに努めた。また、国際認証用JISであるJISC8990の改正に向けた検討を実施した。(4)国際標準化IEC(国際電気標準会議)/TC82(SolarPhotovoltaicEnergySystem)/WG2(地上用太陽電池セル・モジュール)対応:今年度は5月にカナダトロントで開催された第55回WG2国際会議、11月にドイツティティゼーで開催された第56回WG2国際会議に参加した。特に安全規格#61730については、端子ボックス充填材の燃焼試験方法やバックシートの部分放電試験方法について、日本からの提案を行っている段階である。また、国内対策委員会にて、進行中のIEC新規規格案文書及びメンテナンス文書の審議、提案内容の協議等を行った。(5)太陽電池の研究・開発・生産実態調査太陽電池の生産量調査、および単結晶Si太陽電池/多結晶Si太陽電池/薄膜結晶Si太陽電池/化合物太陽電池/アモルファス太陽電池/有機系太陽電池の研究・開発状況の調査を実施した。
英文要約(1) Photovoltaic (PV) module energy rating standardization (I-V correction, reference day condition) By comparing the observed and calculated irradiation values, obtained from Round Robin tests at 6 places over Japan and their environment data, they resulted within 5% error both on crystalline silicon and amorphous silicon PV modules. The effectiveness of this energy rating method, used in the Round Robin tests, was verified as the method to know outdoor output characteristics of PV modules. (2) Standardization of new PV cell evaluation method (CIS cell, Dye-sensitized cell, the constitution of standard) The evaluation technology of CIS cell: 5 TS drafts proposed last year were examined in details and then fixed. Dye-sensitized cell: The performance evaluation method was prepared as a TR draft to announce the traditional JIS ways and discovered points to note. The constitution of standard: Discussing rearrangement of the existing JIS of PV cell corresponding evaluation technology and application for new PV cell standardization. (3) Long-term reliability evaluation technology standardization investigation Researching deterioration cases of PV cell, conducting questionnaires on what is PV lifetime, and then considering the relation with the long-term reliability evaluation technology; Revising the international certification JIS C 8990 was discussed. (4) International standardization IEC/TC 82(Solar Photovoltaic Energy System)/ WG2(Modules, non-concentrating):Participated the 55th Toronto(Canada) Meeting (May/07), and the 56th Titisee (Germany) Meeting (Nov./07). As regards particular #61730(Safety), the test methods about the potting material flammability on connector boxes and the partial discharge on back sheets were proposed. Domestic action committee conducted discussion on its own proposal and on new proposal/ maintenance documents of IEC. (5) Field survey of research/development/production of PV cells The production output and the progress in research & development on single/poly-crystal silicon, compound semiconductor, amorphous, and organic PV cells were surveyed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る