成果報告書詳細
管理番号100012737
タイトル平成19年度成果報告書 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 焼酎粕のアルカリ水素メタン発酵によるエネルギー回収技術に関する実証試験事業
公開日2009/3/6
報告書年度2007 - 2007
委託先名株式会社タクマ
プロジェクト番号P02057
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約本実証試験事業においてアルカリ水素メタン発酵システムの実証を目的として、平成17年度に設置した実証試験設備(処理量40t/d)の運転により,平成19年度はシステム運転条件の検討,焼酎原材料種(麦,芋)の切り替え時および焼酎粕性状変動への対応法の確立を実施した。(1)システム運転条件の検討:麦焼酎粕を希釈せずに,前処理pHを5.4に制御して運転を行った。その結果,水素発生量は最大8.8m3/ton-CODであり,水素発酵槽から発生するガス中の水素ガス濃度は7-17%で推移した。また,そのときの全バイオガスおよびメタンガス発生量はそれぞれ394,238m3/ton-CODであった。無希釈運転により,メタン発酵槽でのアンモニア性窒素濃度が4,500mg/L程度となったが,安定してバイオガスは発生した。受入焼酎粕に対するエネルギー回収効率は55.9%と目標を達成できなかったが,発酵槽への投入基質に対するエネルギー回収効率は70%となったことから,前処理設備で除去される固形物量を低減して発酵に寄与する基質を増大させることによって目標値以上を達成できる見込みがたった。(2)焼酎原材料種の切り替え時の対応法の確立:今年度は,麦から芋への原材料種切り替え時に約1ヶ月間の焼酎粕が発生しない期間があり,その後投入負荷を段階的に増加させていくことで,25日で再立ち上げを実施した。また,2.5ヶ月のシステム停止後の芋から麦への原材料種切り替え時にも同様の手法で実施し,23日で再立ち上げができた。
英文要約Anaerobic digestion, such as methane fermentation, attracts attention again as an energy recovery technology from organic waste. Then, we have developed the technology that combines the alkaline pretreatment and hydrogen fermentation with the methane fermentation. The following were done in the fiscal year 2007. (1) Optimization of this system : The operation was executed without diluting the substrate, barley shochu distillation lees. As a result, the amount of the maximum hydrogen gas production at this period was 8.8m3/ton-CODCr, and its concentration of the biogas from hydrogen fermentation was changed between 7 and 17%. At this period, biogas and methane gas production from this system were 394 and 238 m3/ton-CODCr, respectively. Because of non-diluting operation, ammonium nitrogen concentration in methane fermentation tank became about 4,500mg/L. The energy recovery rate was 55.9%, which was less than the objective value that was 60%. (2) Substrate changeover and re-startup operation : The re-startup and the substrate changeover operations were done because no emissions of the shochu distillation lees for about one month, and the raw material of shochu was changed from sweet potato to barley or from barley to sweet potato. The re-startup operations after no shochu distillation lees emissions period for about one month, and after non-operation of this system for 2.5 months were possible in 25 and 23 days, respectively by gradually increasing of loading rate.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る