成果報告書詳細
管理番号100013044
タイトル*平成19年度中間年報 太陽光発電システム等国際共同実証開発事業 太陽光発電システム等に係る設計支援ツール開発事業
公開日2009/3/6
報告書年度2007 - 2007
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 財団法人日本気象協会
プロジェクト番号P92034
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果(1)個別事業で導入したハイブリッドシステムの整理と考察NEDOがこれまでに実施してきた太陽光発電システム等国際共同実証開発事業の個別事業(以下、個別事業)の成果を活用し、本開発事業において最大限の取り込みを図るために、個別事業の担当者に事業概要や得られたデータ・知見等についてヒヤリングを行った。また、設計支援ツールに対するニーズについて、個別事業の担当者と現地の地方電化関係者等を対象に定性的な評価を行った。さらに、個別事業で得られた計測データを活用して、ハイブリッドシステムの設計に不可欠である村落等の電力需要パターンを分類し、そのパターン出現に影響を与えたと思われる気象等の環境因子について定量的な分析評価を開始した。個別事業の担当者へのヒヤリングの際に、設計支援ツールの利用者を絞り、利用者に必要な情報が適切に提供可能なインタフェースを構築するために仮想(象徴)ユーザをペルソナ手法で検討した。設計支援ツールに対するニーズは、電力事業者が蓄電池容量等のバランス計算ツール、総合コンサルタント及びシステムインテグレータが優先基準別設計比較ツール、メーカ・R&D機関が経済性評価ツールとペルソナの所属グループによってそれぞれ違っていることを明らかにした。また、個別事業で得られた成果と教訓を生かすために、知識DBとしてファクトシートを作成し、その事実に基づいて、研修等にも利用可能なノウハウ提供サブツール(PV-HybridKnowledge)の試作を検討した。
英文要約The aim of this project is to develop a supportive technology of design for PV-Hybrid systems with the practical use of NEDO’s demonstrative research project for the PV hybrid power generation systems in the Asian countries. In FY2007, : The typical mini grid design supportive tools developed in the world were investigated and summarized about their principle and scope. Compatibility with the International Standard is also required for wide users. IEC TS 62257 (advice to the small renewable energy and hybrid system for a district electrification plan) will be a candidate to refer for our supportive tool. As results, the supportive tool will consist of PV-Hybrid Design, PV-Hybrid Knowledge, PVHyblib and Energy Flow: The interview investigation was conducted by making into a candidate the participant in the educational training performed in SERT of the Kingdom of Thailand: The numerical computation library PVHybLib was developed so that experts could use easily the calculation considered to be required in the design of a PV-hybrid system. As a design supportive tool, before the development as software on PC, board game "EnergyFlow" was developed: As for the solar radiation data in an Asian area, the data of the world radiation data center (WRDC:World Radiation Data Centre) currently maintained at the Meteorological Agency were collected and arranged. These solar radiation data was fixed as a prototype weather database. A PC display software "Asia par solar radiation database" was also developed in consideration of a user's convenience.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る