成果報告書詳細
管理番号100013169
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 新エネルギー技術研究開発 太陽エネルギー新利用システム技術研究開発事業 太陽エネルギー高温集熱利用高効率ハイブリッド冷暖房システムの研究開発
公開日2009/3/27
報告書年度2005 - 2007
委託先名財団法人日本システム開発研究所 三洋電機株式会社
プロジェクト番号P05007
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約研究開発の内容及び実績(1)研究開発の内容太陽エネルギー集熱器(以降「ソーラー集熱システム」という)により集熱された温熱源を駆動熱源とする吸収式冷凍機による循環型高効率冷水製造システム(以降「吸収式システム」という)を開発し、製造された25℃冷水を熱源とするガスエンジンヒートポンプシステム(以降「GHPシステム」という)による高効率ハイブリッド冷暖房システム(以降「HBシステム」という)を実用化した。また、冬季においては、ソーラー集熱システムによる温熱源を直接ヒートポンプサイクルに投入し、年間を通して太陽エネルギーの有効利用、システムの高効率化を図った。本事業で開発する基本システムは、ソーラー集熱システム+吸収式冷凍機+GHPの3つの要素技術から構成され(以降「ソーラーHBシステム」という)、各々の要素試験機の試作及び要素試験の実施を得て、実証試験プラントを製作・設置し、実証試験を実施することにより、システムの検証を行い、実用化・商品化へ向けた完成度の向上を目指したものである。(2)平成17年度の実績平成17年度は、要素試験に係るソーラー集熱システム、吸収式システム、GHPシステムについて、基本設計・詳細設計を得て、機器購入・製造・改造・設置を行い、要素実験を行った。(3)平成18年度の実績平成18年度は、各要素試験を実施し、各要素試験における実運転データを解析するとともに、解析結果をフィードバックすることによって、実証試験機及び実証プラントの基本設計・詳細設計を行い、実証試験用構成要素システム(ソーラー集熱システム、ABSシステム及びGHPシステム等)及びシステム制御(構成要素機器単体制御システム、全体制御システム、運転・管理システム及び計測システム等)を完成させた。また、実証場所である群馬県伊勢崎市内の工場敷地内(島田工業(株))の現地において、実証プラント設置工事の施工、並びに、各構成要素システム及びシステム制御の設置・調整を行い、実証システムの竣工後、試運転を経て自動運転を開始した。(4)平成19年度の実績平成19年度は、実証プラントにおける実運転データを収集・解析し、要素試験で得られた知見をもとに改良を加え、経済性を含めたより最適な温度設定・制御条件等を検討した。さらに、システム全体の評価及び導入効果の算定を行い、研究開発成果として取りまとめた。
英文要約The moving low loss circulation type Absorption-type refrigerator by the high temperature heat output from solar collector (Solar heating system) is developed, and highly effective cold water system (ABS system) is put to practical use. Gas engine heat pump system (GHP system) that assumes the cold water to be a cool source is developed, and highly effective hybrid air conditioning system (HB system) is put to practical use. Moreover, the high temperature output by the solar heating system is turned on directly at the heat pump cycle, effective use for solar energy is aimed at throughout the year, and making the system highly effective is aimed at in winter. Each element examination of the solar circulation system, the ABS system, the GHP system, and the system control was executed in the first year of the project. A demonstration machine, a basic design of the demonstration plant, and a detailed design were done by using the result of the element examination in the second year of the project. The component system and the system control for the demonstration examination were completed based on the specification. And, the demonstration plant was set up in the Shimada factory site in the Isesaki-city Gunma- Pref. that was the demonstration place. In addition, each component system and the system control were set up, adjusted, and the trial run of the demonstration system began. The driving data of the demonstration plant was collected, analyzed, the improvement was added, and the more best temperature setting and the control condition were selected in consideration of the economy in the final year of the project. In addition, the evaluation and the effect of the introduction of the entire system were calculated, and the result of the research and development was brought together.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る