成果報告書詳細
管理番号100013171
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 新エネルギー技術研究開発 太陽エネルギー新利用システム技術研究開発事業 太陽熱木質系材料乾燥装置の研究開発
公開日2009/3/6
報告書年度2005 - 2007
委託先名マルショウ技研株式会社
プロジェクト番号P05007
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約(1)太陽熱木材乾燥装置3重透明フイルムからなる透明温室を乾燥ハウスとし、炭素繊維シート(CFシート)を内側に取り付けて集熱材に用い、かつ断熱円筒を外付けした新規概念の太陽熱木材乾燥装置を開発することを目的として、次の3段階の開発を経て高性能、低コストの製品が構築された。平成17年度;3重透明フイルムの乾燥ハウスの南面および屋根面を集熱材にCFシートを用いたアクティブ集熱部とし、ハウス全体をパッシブ集熱部とする「アクティブ・パッシブ太陽熱木材乾燥装置(第1世代)を設置し、コンクリート床埋設の床暖房からのふく射及びファンコンによる温風暖房の補助熱源を有する木材乾燥装置を開発し、乾燥試験を実施した。平成18年度;アクティブ集熱部を排し、全体を3重透明フイルムで覆った乾燥ハウス内に入射した太陽熱をCFシートで効率的にパッシブ集熱し、床暖房及びファンコンからの補助熱源を併用した完全パッシブ太陽熱木材乾燥装置(第2世代)「東西型」及び「南北型」を開発し、通年にわたり乾燥試験を実施した結果、内部に積み上げられた8-10m3のカラマツ製材を1-2週間で乾燥されることができた。平成19年度;同上太陽熱乾燥装置の乾燥ハウスをコンクリート床から砂利・鋼板敷き構造に改良した簡易定置式の完全パッシブ太陽熱木材乾燥装置(第3世代)を開発して、同様乾燥試験を実施した。なお、同装置の床暖房及びファンコンのない構造のものを設計し、簡易移動式モデルとした。(2)太陽熱おが粉乾燥装置東西が長手方向の透明フイルムからなる乾燥ハウスをコンクリート床に設置し、内部にベルトコンベヤーをゆっくり走らせ、これに生おが粉を層状に供給して太陽熱および天井ふく射パネルと床暖で加熱乾燥する装置を開発し乾燥試験を行った。平成17年度;2重透明フイルムで覆った乾燥ハウスの妻側に換気ファンを配し、ハウス内に入射する日射と蒸気加熱の天井ふく射パネルからのふく射及びコンクリート床暖房からのふく射のより加熱乾燥させるところのパッシブ太陽熱おが粉乾燥装置(第1世代)の開発と乾燥試験を実施した。平成18年度;同上おが粉乾燥装置の透明フイルムを3重化し、内側を遮熱シートを設け開閉自在の構造に改良して曇天日に対応させ、さらに断熱円筒を外付けしてパッシブ型とした全天候型太陽熱おが粉乾燥装置(第2世代)を開発して、乾燥試験を実施した。平成19年度;同上おが粉乾燥装置への生おが粉の供給及び乾燥おが粉の回収を自動化し、自動運転が可能な全天候型太陽熱自動おが粉乾燥装置(第3世代)を開発して、24時間運転による乾燥試験を実施した。2.試験実績(1)木材乾燥試験;第2世代装置により乾燥室内の室温30-40℃程度のもとで、季節によらず含水率(D.B.)40-50%のカラマツ製材8-10m3を約1-2週間で20%以下-10%以下に乾燥することができた。(2)おが粉乾燥試験;同上第2世代装置の自動運転のもとで、含水率(W.B.)40%程度の生おが粉を日中晴天日に10数%、曇天日及び夜間に6-7%程度の水分含有率の減少が達成できた。II第2実験サイト(旭川市西神楽)平成18年度-19年度;寒冷積雪地にある公設機関において乾燥試験を実施し、木材乾燥装置(第2世代)による11回の試験結果を行い、カラマツ及びトドマツ材(材積5-6m3)を1-2週間で20%-10%程度まで乾燥させることができた。
英文要約(1) Solar Thermal Lumber Drying House;The drying house is a transparent hot house covered by a triple transparent film, inside of which a CF-sheet to be used as a solar heat collecting material is fitted with small space from the film and outside of which an insulated cylinder is set up. On the base of a new concept of volumetric solar heat collection, the developing research to create a solar heat lumber drying house with high performance and low cost, was promoted under the program of the next three steps as follows:1 FY-2005;A drying house covered by a triple transparent film with active solar heat collector on a roof and south surfaces, inside which CF-sheet as an solar heat collecting material can collect effectively solar radiation as solar heat, was constructed on a concrete floor with floor heater. Namely, "an active-passive solar lumber drying house" which are partially active and mostly passive was developed as the first generation model and a drying test on which was carried out. 2 FY-2006; Excluding an active solar collector, the above drying house was evolved into a fully passive drying type which was constructed on a concrete floor including a floor heater and a fan-convector(fan-con), on which solar radiation is collected passively into the drying house covered by a combination of triple transparent film and CF-sheet, and humid air inside the drying house is capable to exhaust passively by an insulation cylinder set on outside the house. Namely," a fully passive solar lumber drying house" consisting of "East-West type" and "South-North type" was developed as a second generation type. Under a lot of drying test through a year, it was carried out that 8 - 10m3 of larch lumber stacked on a trolley within 1 - 2 weeks could be dried out. 3 FY-2007; A fully passive solar lumber drying house of a third generation type, the house structure and dimension of which are the same as, but only frame thickness and the floor composition are different from the second generation type, was constructed as a simple fixed type on the sandy floor consisting of steal plate-sand-small pebble composition in which a floor heater having, moreover, a simple potable type without auxiliary heats was only designed. The drying test was only carried out on the simple fixed type at the last stage of the developing period. Almost the same results on which as the second generation could be obtained. (2)Solar Thermal Ogako Drying House;A drying house covered by a double transparent film, the long side of which is directed to East-West, in which raw Ogak carried on a belt-conveyor running very slowly can be dried by solar radiation through the transparent film, and heat from a top radiation panel and floor heating was developed and constructed on concrete floor, and the drying test was carried out.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る