成果報告書詳細
管理番号100013402
タイトル平成19年度成果報告書 ワシントン事務所成果報告書 米国のナノテクノロジー関連政策動向及び安全性動向調査「米国のナノテクノロジーEHS戦略動向調査(U.S.NANOTECHNOLOGY EHS RESWARCH STRATEGY REPORT)」
公開日2009/3/13
報告書年度2007 - 2007
委託先名INTERNATIONAL ACCESS CORPORATION
プロジェクト番号991000
部署名
和文要約本報告書は、米国のナノテクEHS対策の現状について分析することを目的としており、連邦政府と産業界における2007年度の対策状況について説明している。報告書ではまず、連邦政府について、OSTPが発表した連邦政府の科学技術政策の指針を取り上げているが、連邦政府としては、可能な限り、イノベーションを実現させるような方法でEHS対策を実施する一方で、現時点では既存の法的権限を維持し、ナノEHSに関する新たな情報を収集していく過程で追加的な規制体制を検討する方向性である。一方でNNIはナノEHS研究戦略を発表しており、ナノEHS研究の実態について、初めて具体的な投資額やプロジェクト件数(2006年度のみ)について公表した。これをベースとしてNNIは今後、NIST、NIH、EPA、NIOSH、FDAを調整機関としてEHS研究を進め、まず当面は、EHSに関する研究に集中する方針である。さらに個別省庁では、EPA、NIOSH、FDAが特に積極的にEHS分野の取り組みを進めており、EPAは2008年1月末にスチュワードシッププログラムを開催し、さらにEHS研究も含めたEPAによるナノマテリアル研究戦略報告書のドラフトも同時期に発表している。ただしEPAはスチュワードシッププログラムの評価報告書を2年後に発表し、その際に規制についてもその見解を発表することになっているため、EPAによる規制は2年先となる可能性が高い。一方NIOSHでは、労働者の安全に関するガイドラインをいち早く2005年以降発表し、アップデートを重ねているほか、産業界と協力して実地調査を行い、産業界による自主的なEHS管理対策を支援しつつ、関連データを着々と収集している。しかし、FDAについては2007年7月にナノテクタスクフォースによる報告書が発表された後は、「技術を規制するのではなく、製品を規制する」という方針のもと、特に具体的なEHS対策は発表しておらず、次のステップが不透明である。当面はNISTやNIHなどと研究協力しながら、ナノテク製品の安全性を評価するために必要な情報収集に注力するものと見られる。議会では、これまで要求してきた連邦政府によるナノEHS対策の全貌がNNIのEHS戦略によって一応明確になり、また2008年度にはNNIを規定している「21世紀ナノテク研究開発法」の承認もあるため、規制について検討を開始している。議会調査部は2008年1月、ナノEHS規制に関する報告書を発表し、ナノテクEHS規制について現在連邦政府が抱えている問題点や難しさと共に、議会が取りえる規制について選択肢を挙げている。このように、連邦政府では2007年に入り、ナノEHS対策に対する具体的な対策状況が明瞭になってきたが、産業界ではいち早くナノEHS管理対策を構築している企業も見受けられる。特に中小企業を中心とする米国企業全般としては、まだ特にEHS対策についてあまり具体的な対策を打ち出せていないところも多いが、潤沢なリソースを持つ大企業は、NGOとパートナーシップを組んでナノEHSリスク管理枠組みを策定したり、企業同士でコンソーシアムを組んでEHSリスク管理対策に必要な研究を共同で実施している。また一部の中小企業は、NIOSHの実地調査に協力し、独自のナノテク向けのEHS管理対策を実施しているところもある。全体として、米国内では複数のプレイヤーがナノEHS研究・対策に取り組んでおり、その層の厚みや調整には目を見張るものがあるが、同時に各プレイヤーの中でもナノEHS規制に対してどこまでリソースを現段階で割くかについては意見が分かれているところである。2008年には、NNIの評価報告書が発表され、「21世紀ナノテク研究開発法」の再承認もあることから、米国はナノテクEHSに対する政策のあり方について、もう一度
英文要約The objective of this report is to analyze current strategies used to address nanotechnology-related EHS issues in the United States. According to guidelines released by the Office of Science and Technology Policy (OSTP), the federal government intends to implement EHS measures while promoting innovation as much as possible. While retaining their existing authority, the government plans to collect more updated information on characteristics of nanomaterials in order to assess possible additional regulatory measures. In the meantime, the National Nanotechnology Initiative (NNI) released a report on nanotechnology-related EHS research strategy with specific investment figures and number of projects (for FY 2006) for the first time. Based on this strategy, the NNI plans to focus its effort on EHS research as a first step, with federal agencies such as National Institute of Standards and Technology (NIST), National Institute of Health (NIH), Environmental Protection Agency (EPA), National Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH), and Food and Drug Administration (FDA) designated as interagency coordinators. Among the federal agencies, EPA, NIOSH, and FDA have shown active involvement in addressing EHS issues. The EPA started a voluntary stewardship program in January 2008, and released a draft report on nanomaterial research strategy around the same time. The EPA, however, plans to wait two years before they evaluate the stewardship program, and it is unlikely the agency will implement any regulatory measure before this two year period is over. In contrast, the NIOSH has already issued and updated occupational safety guidelines since 2005. Working closely with the industries, they conducted field research to gather relevant information while providing support for voluntary EHS programs implemented by the industries. The FDA has not announced any specific plan on regarding the nanotechnology EHS risks since its release of a report in July 2007, which identified knowledge or policy gaps on nanotechnology within FDA. The agency’s position is such that it regulates products but not technology. With the detailed information on the government’s EHS strategy provided by the NNI’s report, federal legislators started considering possible regulation of nanotechnology. In January 2008, the Congressional Research Service (CRS) issued a report on regulation for nanotechnology-related EHS hazards. In the report, the CRS analyzed the challenges the federal government faces, and listed possible legislative options for the Congress. Additionally, the 21st Century Nanotechnology Research and Development Act (“the Act”), which defines the NNI, is up for reauthorization in FY 2008. In the private sector, some companies have already developed measures to address those concerns.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る