成果報告書詳細
管理番号100013426
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A01014a 生物製剤と糖鎖の超高速標識化によるPETイメージングを利用した創薬・診断システムへの展開 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人大阪大学田中克典
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約[68Ga]-DOTAを単寿命放射性標識基とした、アミノ基選択的な超高速PET標識化プローブを開発した。これらプローブの大量供給技術を確立した後、様々なペプチド、タンパク質、ならびに抗体などに一般的な生体高分子のPETイメージング技術を確立した。次いで、超高速放射線標識化の手法を蛍光やMRIイメージング用標識にも応用し、一般的な生体高分子のイメージング技術として確立した。また、ショートゲルろ過カラムやスカベンジャーレジンの手法と組み合わせることにより、標識キットを開発した。一方、PETイメージングを基盤とした糖鎖付加機能性高分子の新規創製技術を開発すべく、N-結合型糖鎖などのα-シアル酸を含む複雑かつ巨大合成糖鎖のクラスター化を検討した。本研究期間内では、新しいクリック反応を活用した簡便な糖鎖クラスター調製法を確立した。
英文要約(i) A new PET labeling probe, DOTA-aldehyde, was developed and the rapid and efficient labeling to peptides, proteins, and antibodies was realized. PET imaging of these DOTA-labeled biomolecules, after incorporating the [68Ga], was established. (ii) The method was further applied to the MR and fluorescence labeling. The labeling protocol was then developed as the kit. (iii) Dendrimer-type clusters, which can contain various oligosaccharides, such as N-glycans, were efficiently prepared by the “histidine”-accelerated Sharpless/Meldal click reaction.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る