成果報告書詳細
管理番号100013430
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A07009a 流路型免疫分析チップの開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人名古屋大学渡慶次学
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約キャプチャー抗体を固定化した直径1-mのポリスチレンビーズと光硬化性樹脂を利用した免疫分析チップの基本仕様および分析手法を確立した。確立した免疫分析チップを用いて、炎症マーカーであるC反応性蛋白(CRP)をモデル試料として性能評価および最適化を行った。標準試料および血清試料においてもきわめて良好な結果を得た。さらに、多項目分析可能な免疫分析チップを作製し、これをC反応性蛋白(CRP)と前立腺癌マーカーの前立腺特異抗原(PSA)、肝癌マーカーのα-フェトプロテイン(AFP)の3項目(トリプレックス)に応用した。アッセイ時間が12分で、いずれの試料もLODが数10pg/mlという極めて良好な結果を得た。
英文要約We developed a new rapid and easy-to-use immunoassay platform, in which hydrogel pillars including many antibodies immobilized onto 1 -m-diameter polystyrene beads are fabricated inside a microchannel, to simultaneously evaluate multiple biomarkers in a single sample. To evaluate the chip performance, we applied it to the triplex assay of three biomarkers: α-fetoprotein (AFP), C-reactive protein (CRP), and prostate-specific antigen (PSA), and we confirmed it provides rapid analysis with high sensitivity, it is easy-to-use, and it uses small volumes of the sample and reagents for detection of biomarkers. The assay is completed within 12 min, and the limit of detections (LODs) were several tenths of pg/ml for three biomarkers.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る