成果報告書詳細
管理番号100013440
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A18004a 高効率可視光応答型酸化タングステン光触媒の実用化研究 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人北海道大学阿部竜
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約高比表面積と高結晶性を両立した高活性酸化タングステン光触媒微粒子の合成を目的として、PMMAコロイド結晶をテンプレートとする、3次元規則的マクロ多孔体(3DOM)の合成とその評価を行った。得られた3DOM-WO3は市販品に比べて高比表面積を有しており、高い光触媒活性を示したが、いまだ結晶欠陥が多く、光触媒活性を低下させている可能性が示唆された。今後、テンプレート材料の変更など高活性化への検討が必要である。また、この手法を応用して新規な酸化タングステン微粒子の合成法を開発した。得られた微粒子は従来のものに比べて非常に高い活性を示し、紫外光を含む照射条件においても市販の高活性酸化チタンの活性を上回った。気相酢酸分解におけるみかけの量子収率は420nmの可視光領域でも70%程度と極めて高い値となり、酸化チタンの紫外光領域の値を上回ることが明らかとなった。
英文要約Well-ordered three-dimensionally ordered macroporous (3DOM) WO3 was successfully prepared by a colloidal crystal template method using PMMA spheres of various diameters. The 3DOM WO3 material thus produced has higher specific surface area compared to WO3 prepared without the template, and the photocatalytic activity of the Pt-loaded 3DOM WO3 for the decomposition of acetic acid under visible light was found to be higher than that reported previously for WO3. High-temperature calcination of 3DOM WO3 afforded a nanoparticulate WO3 material by sintering-induced disassembly, and this nanoparticulate material exhibited the highest photocatalytic activity. Based on this finding, we have developed a new preparation method of highly active WO3 nanoparticles, which showed significantly high quantum efficiency under visible light (70 % at 420 nm).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る