成果報告書詳細
管理番号100013442
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A20008a カプセル型分子素材を用いた過塩素酸除去剤の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人静岡大学近藤満
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約新しい過塩素酸イオン除去剤として、銅イオンと有機架橋配位子(bitb)から成る高分子錯体(Cu-bitbポリマー)を合成し、この化合物の過塩素酸イオン除去活性を明らかにした。この化合物は、銅イオンとbitbから成る二次元型の高分子骨格を有する。このCu-bitbポリマーを、過塩素酸イオンを含む水溶液に浸すと、水溶液中の過塩素酸イオンを捕捉したカプセル分子に変化することが分かった。その際、Cu-bitbポリマーの色は空色から紫色に変化し、過塩素酸イオンの捕捉に伴って色が変化するセンサー活性の発現が確認された。また、過塩素酸イオンの除去はおよそ30分程度で終了し、その除去活性は陰イオン交換樹脂や活性炭に比べて高く、さらに妨害イオンや水溶液のpHの影響も受けにくいことが分かった。さらに、過塩素酸イオンだけでなく、フッ化ホウ素酸やヘキサフルオロホウ酸などの高溶解性有害陰イオンの除去にも有効であることを確認した。
英文要約A polymer complex, Cu-bitb polymer, was developed toward the new perchlorate removal materials. The new polymer shows a two-dimensional infinite framework, which is constructed by Cu(II) centers and organic ligands, bitb. The perchlorate removal ability of the polymer has been studied. When the polymer is immersed in the aqueous solution containing perchlorate, the blue color of the polymer changes to purple whitin 1 hour because of the conversion of the polymer to capsule molecule. The capusule molecule traps perchlorate anion within it. The removal ability of the polymer is higher than those of anion exchange resins and charcoal. The removal process is less interfered by other anions, and is applicable to the aqueous solution in wide pH range. It has been shown that the Cu-bitb polymer is also useful for removal of tetrafluoroborate anion from an aqueous solution.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る