成果報告書詳細
管理番号100013443
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A20009a 亜臨界流体による炭素繊維強化プラスチックのリサイクル技術の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人静岡大学岡島いづみ
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約エポキシ樹脂を亜臨界水で処理した場合、420℃、20MPa、30分、2.5wt%炭酸カリウム触媒添加の条件で、樹脂を100%分解し、水+メタノール混合溶媒に溶解した。分解生成物中のフェノール類モノマーの収率は72%という高い値だった。更にフェノール類モノマー以外の有機生成物のモデル物質として1,4-ブタンジオールを取り上げて、700℃、10MPa、20分の条件で亜臨界水ガス化すると、有機物1g当り1.7Lの水素と0.5Lのメタンを生成できた。一方、エポキシ樹脂を超臨界メタノールで処理した場合、270℃、10MPa、60分、無触媒の条件でエポキシ樹脂中の架橋点を選択的に切断し、100%メタノールに可溶化できた。更にメタノールに溶解したエポキシ樹脂分解物に硬化剤を加えて再硬化すると、バージン樹脂と同等以上の強度を有する再硬化エポキシ樹脂を作製できた。
英文要約In the first technique using sub-critical water, the epoxy resin was decomposed to phenolic monomers and others completely at 420oC, 20MPa, 30 min and 2.5wt% potassium carbonate. The yield of phenolic monomers was 72%. Furthermore, the model compound (1,4-butanediol) of other organic products was gasified to 1.7L hydrogen and 0.5L methane per gram of 1,4-butanediol. In the second technique using supercritical methanol, the crosslinking element of the epoxy resin was decomposed and the resin dissolved in supercritical methanol completely at 270oC, 10MPa, 60min without catalyst. The thermoplastic epoxy resin without crosslinking element was cured again with a cure agent and the obtained thermosetting epoxy resin had the same strength as basin cured epoxy resin.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る