成果報告書詳細
管理番号100013446
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A22003a 非金属触媒で制御する超低費用・環境調和型の精密制御リビングラジカル重合の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人京都大学後藤淳
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約触媒の元素種をゲルマニウム(既開発)からリン、窒素、および酸素に拡張し、多彩な新触媒を創出することに成功した。例えば、汎用の亜リン酸エステル類(リン触媒)、イミド類(窒素触媒)、さらには、従来そのような単純な化合物がリビングラジカル重合の触媒になるとは予期されてこなかった安価で安全なアルコール(酸素触媒)を触媒として利用することに成功した。その結果として、優れた経済性、環境安全性、簡便性が達成され、費用面では、事実上、制御剤費用を無視しうる超低費用を実現した。さらに、その成果として、スチレンとともに、各種の機能性メタクリレートの単独・ランダム・ブロック共重合に成功し、多彩な製品を開発するための素地を備えた。さらに、重合開始基の簡便な合成法を開発し、簡便性の著しい向上を達成した。
英文要約By the elemental extension from germanium to phosphorus, nitrogen, and oxygen, a variety of catalysts were developed. They include common compounds such as phosphites (phosphorus), imides (nitrogen), and even alcohols (oxygen) which had not been expected to work as catalysts for living radical polymerization. The use of these catalysts consequently led to extremely high cost-performance, environmental safety, and robustness, as the cost of the catalysts is virtually negligible. These catalysts also allowed good control in the homopolymerizations and random and block copolymerizations of (functional) methacrylates as well as styrene, being promising for creating a variety of industrial products. Furthermore, a robust synthetic method of the initiator was also developed, dramatically improving the robustness of the polymerization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る