成果報告書詳細
管理番号100013456
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A30001a デジタルホログラフィック超高速度3次元動画像計測システムの開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人京都工芸繊維大学粟辻安浩
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約3次元形状の高精度瞬時3次元画像計測が可能なシステムである並列位相シフトデジタルホログラフィにおいてキーとなる位相シフトアレイデバイスの実現方法について検討した。4段階の厚みを持つガラス基板の構成を設計した。位相シフトの段数を2段に減らすことでも,並列位相シフトデジタルホログラフィを実現できる方法を考案し,計算および原理実験によりその有効性を確認できた。また,液晶空間光変調素子を用いた位相シフトアレイデバイスの実現方法を考案し,実験により液晶空間光変調素子の微小区画を撮像素子の微小区画に結像可能なことを示せた。さらに,偏光素子や波長板を撮像素子に取り付けることで,より実用性が高くかつ高性能な並列2段階位相シフトデジタルホログラフィを実現できる構成を考案し,並列位相シフトデジタルホログラフィの試作が可能な段階まで研究を進めることができた。
英文要約Implementation and composition of phase-shifting array device, which is a key device for constructing a high-accuracy and instantaneous three-dimensional measurement system based on digital holography, were investigated. Glass plate with four-step thickness was designed for the array device. Besides parallel two-step phase-shifting digital holography was invented to obtain more accurate reconstructed image. It was also clarified that a liquid crystal spatial-light modulator was possible to implement phase-shifting array device. Furthermore, a parallel two-step digital holography system using a polarizing optical device array was proposed for practical system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る