成果報告書詳細
管理番号100013464
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07B44204d 溶融塩電気化学プロセスを用いた新規太陽電池級シリコン製造法の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人京都大学野平俊之
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約「シリカからの低リン・低ホウ素シリコン製造法」に関しては、CaCl2(850℃)中における直接電解還元について検討を行った。従来の電極リード材料であるモリブデンに代わり白金を、従来のセルコンテナー材料であるSUS316Lに代わり石英を用いることで、生成するシリコン中の不純物を大幅に低減することに成功した。「金属級シリコンからのリン・ホウ素の除去」を行う新たな方法として、溶融CaCl2中における電気化学的Ca合金化・脱合金化を検討した。本手法によりリンが除去可能であることを明らかにした。
英文要約To develop the production method of silicon containing low phosphorous and low boron from SiO2, a direct electrolytic reduction method was investigated in molten CaCl2 at 1123 K. Lead material for the electrode was changed from molybdenum to platinum and material for the cell container was replaced from SUS314L to SiO2. As the result, impurities in the produce silicon were largely decreased. As a new method for the removal of phosphorous and boron from metallurgical grade silicon, electrochemical Ca alloying and dealloying were studied in molten CaCl2. It was found that phosphorous was removed by this method.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る