成果報告書詳細
管理番号100013468
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07C46035a テラヘルツフォノン共鳴スペクトロスコピーによる超高感度バイオセンサシステムの実現 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人大阪大学荻博次
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約フェムト秒パルスレーザーを設置し,音響フォノン共鳴を観測するための光学系を構築した.また,センサチップとして硼珪酸ガラス基板を選択し,また,薄膜材料としてPt薄膜を選択し,それらの膜厚依存性を調べることにより,音響フォノン共鳴を効率よく励起するためのセンサの候補を検討した.この結果,フォノン共鳴信号を観測することに成功した.ただし,基板側からレーザー光を入射した場合,ガラス基板へ漏洩した超音波による回折光も同時に観測されたため,この影響を受けない厚さの金属薄膜が必要であることが明らかとなった.
英文要約We have established optics and systems for measuring acoustic-phonons in ultrathin films using a femtosecond pulse laser. We have examined configurations of possible sensor chips fablicated on glass plates for efficient excitation of acoustic-phonon resonances. When the pulse lights were introduced on the back surface of the glass, the Brillouin oscillation was observed as well as the acoustic-phonon resonances. This indicates that we have to use proper thickness to avoid the strong background due to Brillouin oscillations.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る