成果報告書詳細
管理番号100013470
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07C46054a 三次元画像技術を活用した低侵襲高精度診断治療用手術支援システムの開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人東京大学廖洪恩
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約研究開発1年目は基礎的デバイス及びソフトウェアモジュール開発を行い、主に1)医療用三次元画像インテグラルビデオグラフィ(IV)技術の確立と、2)ComputerGraphics(CG)情報処理技術と高速作成法による高画質IV計算構築環境の開発、整備に取り組んだ。具体的には、三次元画像オーバーレイ用小型手術ナビゲーション装置と術前・術中画像診断・計画用の高精細大型三次元IVディスプレイ2種類の三次元医用画像表示装置を開発した。また、CGベース画像処理技術と高速計算・画像処理を用いた「インテグラルビデオグラフィ」の計算構築環境の開発、整備を行った。
英文要約We have created an autostereoscopic three-dimensional image by employing a modification of Integral Videography (IV), which is an animated extension of Integral Photography. IV records and reproduces 3-D images using a micro convex lens array and flat display, which can display geometrically accurate 3-D autostereoscopic images and reproduce motion parallax without the need for special devices. We developed IV autostereoscopic display and corresponding high-speed image rendering algorithm using computer graphics (CG) based image processing. Furthermore, we investigated the fast rendering technique and patient-image registration specific to IV-based navigation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る