成果報告書詳細
管理番号100013474
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07D49002a ネット・コミュニティを通じたデジタルコンテンツの競争優位性確立についての研究 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名学校法人立命館大学西川英彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約初年度である平成19年度の大きな成果は、複数の事例調査および先行研究調査を通じて、我々のすでに用意していた「技術」と「市場」をつなぐ「ネット・コミュニティ」というデジタルタルコンテンツ産業の競争優位確立に向けた概念モデル(仮説枠組み)に対して、ユーザーの「ネット・リテラシー」という新たな概念を組み込めた点である。こうした視点は、先行研究にはなく、概念モデルの精緻化が期待でき、理論的にも実践的にも大きな貢献であるといえる。こうした中間成果に至る過程における、次の3つの調査データも本年度の成果となる。第1の成果は、すでに調査していた「@コスメ」、「この指とまれ」、「空想生活」、「ヤフーアバター」、「ハボホテル(日本)」、「サイワールド(日本)」という6サイトの時系列変化の事例調査データである。第2の成果は、新しく誕生した携帯を中心する「魔法のiらんど」、「モバゲータウン」、「謎のローソン部」、「フィルモ」について4サイトのインタビュー等を通じた事例調査データである。第3の成果は、日本で既に調査した「ハボホテル(米国)」、「サイワールド(韓国)」という2サイトの海外インタビュー調査を通じた、国際比較の事例調査データである。
英文要約We achieved the result of net-literacy concept of building net communities in 2007. Already, we have discussed that net-communities connect technology with market, they make competitive advantage in contents industry. Net-literacy is a new concept at net communities studies. We can make the new concept refinement and we will discuss theoretical and practical implications. We achieved more results of three research data.First, we have discussed time series analysis about "@cosume", "konoyubitomar", "cusoo-seikatsu", "Yahoo!Avatar", "habbohotel(Japan)", "cyworld(Japan)". Second, we have discussed mainly mobilephone service about "maho no i-rando", "mobage-town", "nazo no lowson bu", "filmo". Third, we have discussed "habbohotel(US)","cyworld (Korea)", that are cross- national comparative studies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る