成果報告書詳細
管理番号100013480
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07E52001a ASEAN諸国における角度標準技術の高度化と国際比較の確立に関する研究 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所渡部司
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約当該研究において開発する自己校正機能付きロータリテーブルの原理と構造について検討した。その結果、エアベアリングを回転軸とし、サーボモータによる等速回転と角度位置割り出し制御が可能な機能を持ち、複数個のロータリエンコーダセンサヘッドを効率よく配置することで、自己校正が可能なロータリテーブルとすることを決定した。これまでのポリゴン鏡による国際比較に対して、新しい角度測定器物による国際比較を提案するため、ロータリエンコーダ、オートコリメータ、水準器、角度干渉計などの国際比較用プロトコル案の作成に取り掛かった。ロータリエンコーダ部品の選定に時間がかかったが、研究全体の進捗状況は順調に経過している。
英文要約We examined the principle and structure of the rotary table with a self-calibration function, and have started development of the rotating table which has the following function, [1] An air bearing, [2] Function of the uniform rotation and angle position deduction control by a servo motor, [3] Self-calibration function by some encoder sensor heads, and have been creating protocols for proposing of international comparison, such as a rotary encoder, an autocollimator, a level, and an angle interferometer. The progress situation of the whole project has passed favorably.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る