成果報告書詳細
管理番号100013481
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07E52009a オホーツク海・北太平洋亜寒帯における海洋基礎生産減少の要因解明および海洋CO2吸収量への影響評価と予測 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人北海道大学三寺史夫
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約近年の基礎生産減少の原因解明を目指し、19年度はその基礎として亜寒帯域の海洋成層状況と鉄循環の調査、およびモデル開発を行った。具体的には(1)親潮域の成層強化の実態把握、(2)冬季の鉛直混合と鉄の表層回帰のプロセスの解明、(3)オホーツク海・西部亜寒帯領域モデルの開発とトレーサー実験、(4)全球生態系モデルによる鉄循環の検討、を行い、以下の結果を得た。(1)親潮域では表層混合層の塩分が減少し、密度として-0.13±0.04kg/m3軽くなっていた。これが当海域における密度成層の強化をもたらしている。(2)親潮と黒潮のフロント域において、黒潮系水が表層に乗りやや高塩化している地点で特に深い対流が起こり得ること、そこで中層の高濃度の鉄が表層に輸送されていることが分かった。(3)オホーツク海中層循環に関し初めて現実的な再現を行い、海氷生成時に生ずる高密度陸棚水の輸送過程を数値モデルで示した。(4)全球鉄循環モデルにおいて親潮期中層で鉄のソースを与えると、北太平洋西部亜寒帯域全体での鉄の分布が改善された。
英文要約Aiming toward elucidating causes of recent decrease of primary production, we have conducted basic researches on upper ocean processes and iron circulation processes, as well as model development in FY2007. Specific results are as follows: (1) Upper ocean stratification has been intensified due mainly to decrease of density in the ocean mixed layer; (2) In the Oyashio frontal region, the mixed layer can deepen significantly if saline water originating from Kuroshio rides over the Oyashio water. This deep convection brought iron rich water from the intermediate layer to the surface layer; (3) The intermediate layer circulation in the Sea of Okhotsk and the western subpolar gyre has been reproduced successfully for the first time using a regional ocean circulation model; (4) Vertical distribution of iron has been improved by inserting iron source in the Oyashio region in a global iron model.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る