成果報告書詳細
管理番号100013490
タイトル平成15年度-平成19年度成果報告書 平成15年度採択産業技術研究助成事業 03A44001d 貴金属リサイクルのための新規金属分離回収プロセス開発 平成19年度最終
公開日2009/3/27
報告書年度2003 - 2007
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所成田弘一
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約溶媒含浸繊維による実験では、実廃液からパラジウムを選択的に回収可能な条件を明らかにし、実用化の際の使用法等について議論した。また、抽出剤構造とパラジウム抽出特性の相関について調べたところ、N-置換基の構造がパラジウムの抽出速度に、主鎖の構造(硫黄原子の位置等)がパラジウムの抽出率にそれぞれ大きく影響することが分かった。従来型抽出剤ジ-n-ヘキシルスルフィド(DHS)とチオジグリコールアミドを用いてn-ドデカン-水間の界面張力を調べた結果、チオジグリコールアミドは界面活性が高いことが分かり、この事がパラジウムの迅速抽出の要因であることが示唆された。
英文要約In the solvent-impregnated fiber methods, we clarified the optimum condition to recover Pd(II) from a practical waste solution, and discussed their industrial usage. For the Pd(II) extraction, we investigated the relationship between the structure of the amide compounds and extraction properties. That indicates that the structure of the N-substituent and the main chain including a sulfur atom can affect the rate of Pd(II) extraction and extraction percentage of Pd(II), respectively. The result of the interfacial tension of the thiodiglycolamide and di-n-hexyl sulfide between n-dodecane and water shows the thiodiglycolamide has a high interfacial activity, suggesting that this property is a dominant factor of the rapid Pd(II) extraction.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る