成果報告書詳細
管理番号100013495
タイトル平成19年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A05201a FePtナノ粒子を用いたナノ磁気医療技術の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学前之園信也
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約平成18年度はFePtナノ粒子合成条件最適化検討および表面修飾技術開発を主に行った。その他、1)FePtナノ粒子の生体安全性を調べるための第一段階として変異原性試験(Ames試験)、2)流通式反応器の製作と大量合成、3)ハイパーサーミアの発熱体としての応用のための原理確認実験、4)MRI造影剤としての性能評価試験を実施した。その結果、1)変異原性は極めて弱いことが判明し安全性試験の次の段階に繋げた、2)品質にまだ問題はあるものの1g/dayの連続合成を達成した、3)交流磁場中でFePtナノ粒子磁性流体の発熱を世界で初めて確認した、などの成果を得た。
英文要約In FY2006, we mainly carried out the optimization of synthesis conditions and the establishment of surface modification methodologies. Additionally, we put the following items into execution: 1) the reverse mutation assay (Ames test) to evaluate mutagenicity of water-soluble FePt NPs, 2) the fabrication of a plug-flow reactor and continuous synthesis of FePt NPs, 3) the confirmation of the basic principles of a heat generation phenomenon in FePt NP dispersions to apply these NPs as heating elements for hyperthermia, and 4) the performance evaluation of FePt NPs as MRI contrast agents. As a result, we obtained the following achievements: 1) the mutagenicity of FePt NPs was found to be weak; 2) the continuous synthesis of amount of 1 g/day was accomplished; 3) the heat generation of FePt NPs under an alternating magnetic field was observed for the first time in the world.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る