成果報告書詳細
管理番号100013496
タイトル平成19年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A15204a モード同期ファイバレーザによる広帯域光コムを用いた光周波数計の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所稲場肇
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約光周波数計試作機の開発をアドバンテスト研究所と共同で行った。まず、小型化に必要な「CEOモジュール」を共同で設計・製作した。また、産総研が設計・製作したファイバレーザおよび光増幅器をアドバンテスト研究所に持ちこみ、電源、半導体レーザ用電流源、frep信号安定化回路、およびfCEO信号安定化回路が内蔵された筐体へ組み込んだ。その結果、筐体にセットした状態でのモード同期ファイバレーザが正常動作し、fCEO信号の検出、およびfrepの参照信号への位相同期に成功した。
英文要約A prototype of optical frequency counter was developed with Advantest Laboratories Ltd. First, we have developed the CEO module required for downsize. In addition, A fiber laser oscillator and an erbium-doped fiber amplifier, designed and fabricated in AIST, were set in a case with power supplies, laser drivers and phase-locking circuit. Consequently, we have succeeded in operation of the oscillator, fCEO detection, and phase-locking of frep.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る