成果報告書詳細
管理番号100013500
タイトル平成19年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06B44010c 一次元的な無水プロトン・電子両伝導チャンネルをもつ新規な燃料電池固体電解質の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人山形大学金澤昭彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約燃料電池固体電解質用の無水プロトン伝導体を目指して、新規に5タイプ12化合物を合成し、それらのサーモトロピック液晶性をDSC測定、偏光顕微鏡観察、温度可変粉末X線回折測定、TEM測定により評価した。いずれの化合物もカラムナー液晶性を示し、液晶材料中において、一次元的な分子鎖(水素結合分子鎖あるいは酸性イオン分子鎖)を形成することが明らかとなった。合成した化合物のの電気伝導性を交流インピーダンス法にて評価した結果、無水状態においてプロトン伝導性が確認でき、一次元分子鎖がプロトン伝導チャネルとして作用することがわかった。
英文要約Various low-molecular-weight and polymeric ammonium complexes with with long alkyl chains, which contain acidic ions such as phosphate, carboxylate, and sulfonate ions, were prepared and their thermotropic liquid-crystalline behavior was evaluated. It was found that they show a columnar phase with two-dimensional lattice in which each column is built up from one-dimensional molecular chains, i.e., non-covalently linked polymer architectures. Furthermore, we evaluated the electric conductivity of the columnar liquid crystals prepared by means of electrochemical impedance spectroscopy. The nanomaterials based on the columnar liquid crystals were found to show as a protonic conductivity even under dry condition.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る