成果報告書詳細
管理番号100013501
タイトル平成19年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06B44211a 超音波スキャンニングによる電荷・スピン分布の非侵襲イメージング法の開発 平成19年度中間
公開日2009/3/27
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人東京農工大学生嶋健司
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約当初予定していた計画よりも早期に計測システムが完成したため、イメージング装置の開発にも着手し、最終目標のひとつである音響誘起電磁波イメージングに成功した。固体材料における電気・磁気特性を超音波により画像化できることを示した。この結果を応用物理学会にて発表したところ、日経新聞科学技術部から取材を受け、新技術として紹介された。さらに、感度の圧倒的向上に向けて、超伝導量子干渉素子(SQUID)の高速動作開発に着手し、初期実験にも成功した。
英文要約Imaging of electromagnetic properties of matters is successfully imaged through detecting acoustically stimulated electromagnetic (ASEM) radiation with a spatial resolution of 700 μm. Furthermore, a superconducting quantum interference device (SQUID) system is prepared to drastically enhance the sensitivity of ASEM radiation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る