成果報告書詳細
管理番号100012052
タイトル平成19年度成果報告書 「ロボットオープン化のためのRTミドルウェアの国際標準化に関する調査」
公開日2009/4/3
報告書年度2007 - 2007
委託先名社団法人日本ロボット工業会
プロジェクト番号P04002
部署名企画調整部
和文要約本調査は、平成16年8月にカナダ・モントリオールで行われたOMG技術会議(OMGTechnicalMeeting)では標準化活動のキックオフとなるフォーラムを開催して、実質的な活動を開始した。11月に米国・ワシントンDCで行われたOMG技術会議において、国際標準化までのロードマップを策定して、OMGでの標準化活動の見通しについて道筋を着けた。その後、平成17年2月に米国・サンフランシスコで開催されたOMG技術会議において、OMG内に、より汎用性の高いRTミドルウェア技術の標準化を目指す活動グループ(RoboticsDomainSIG:SpecialIntetrestGroup)を正式に発足させた。平成17年度は、6月に米国・ボストンで開催されたOMG技術会議において、RoboticsDSIGにおいて日本主導のもとで作成した情報公募(RFI:RequestforInformation)がMARSPTF(ミドルウェア技術部会)をスポンサーとして承認され、これにより、世界中のロボット関係者からロボット関連情報のレスポンスが期待できるようになり、今後、複数のSWG組織の新設、DSIGのTaskForceへの昇格なども期待できることになった。9月に米国・アトランタで開催されたOMG技術会議において、超分散オブジェクト分科会(SDODSIG:SuperDistributedObjectsDSIG)で作成したRFP(RequestforProposal)の最終案を作成し、OMGのPTC(プラットフォーム技術委員会)で承認が得られ仕様原案の作成に向けた議論が行われて行くことになった。平成18年度は、9月に米国・アナハイムで開催されたOMG技術会議において、ロボット用ソフトウェアのモジュール化に関する国際標準仕様(原案)がOMG標準仕様案として採択された。今後、この仕様案は文書化作業が進められ、正式な標準仕様文書として発行されて公開された。今回採択された標準仕様に準拠したソフトウェアを開発することで、インタフェース仕様の枠組みが統一され、ロボット用モジュールとしての相互運用性が高まり、将来的には異なるベンダが開発したモジュールを組み合わせてロボットシステムを構築できるようになることが期待されている。これにともない、平成17年度から開始されている、次世代ロボット共通基盤プロジェクトの各応用分野の標準仕様案が策定される予定であり、これらのプロジェクト参加企業を初めとして、国際標準化活動への参加企業が増えていくことが期待され、OMG技術会議でのロボット技術の標準化の重要性や今後の方針を議論するとともに標準化の動きを活発化させるため、RTミドルウェア技術の標準化活動を本格化していく。さらには、昨年度設立したロボットビジネス推進協議会RTミドルウェア部会と連携し、普及活動を推進するとともに、本調査事業を継続するための調査委員会または標準化検討委員会の設置を検討した。
英文要約This study began in earnest with the holding of a forum at the OMG Technical Meeting in Montreal, Canada in August 2004 that served as the kickoff for standardization activities. At the OMG Technical Meeting held in November 2004 in Washington D. C., a roadmap leading to international standardization was established, creating a path for the prospect of standardization activities at the OMG. Subsequently, at the OMG Technical Meeting in San Francisco in February 2005, a Robotics Domain Special Interest Group (SIG) whose goal is to achieve standardization for more versatile RT middleware technologies was formally inaugurated within the OMG. At the OMG Technical Meeting held in Boston in June 2005, the Request for Information (RFI) prepared at the Robotics DSIG with Japan taking the lead was approved with the Middleware and Related Services (MARS) Platform Technology Committee (PTF) as its sponsor. This is expected to lead to a response in terms of robot technologies from robot-related entities around the world, and can also be expected to result in the formation of new SWG organizations, the elevation of the DSIG to the task force level and so on. At the OMG Technical Meeting held in Atlanta in September 2005, the final draft of the Request for Proposal (RFP) was prepared by the Super Distributed Objects SIG (SDO-DSIG) and was approved by the OMG Platform Technology Committee (PTC), and discussions began with a view toward preparing a draft specification. In FY 2006, the international standard specification (original draft) for robot software modularization was adopted as the draft OMG standard specification at the OMG Technical Meeting held in Anaheim, California in September. Subsequently, documentation of this draft specification was conducted, and it was published and released as the formal standard specification document. Pursuing software development in accordance with the standard specification that has been adopted will create an integrated framework for interface specifications and increase the interoperability of robot modules. In the future, this is expected to make it possible to construct robot systems by combining modules developed by different vendors. In addition, draft standard specifications are expected to be finalized for individual application fields in the next-generation robot common platform project initiated in FY 2005, and this is expected to increase the number of companies participating in the project as well as the companies participating in international standardization activities. Discussions on the importance of robot technology standardization and future approaches will be held at the OMG Technical Meetings, and standardization activities for RT middleware technologies will shift into high gear in order to provide stimulation to the standardization effort.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る