成果報告書詳細
管理番号100012082
タイトル平成18年度成果報告書 「支援分野に対応した福祉用具の研究開発・普及に関する調査」
公開日2009/4/3
報告書年度2006 - 2006
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93011
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約本事業では、福祉用具の開発による社会経済的なインパクトを主軸とし、さらに技術的な実現可能性評価を副軸として福祉用具の開発シナリオを整理した。福祉用具開発のあるべき姿を明確に描くとともに、政策的に重点を置くべき分野の検討さらにその達成に必要な技術開発の内容等を中長期的に明らかにするため「福祉用具開発ロードマップ」を策定した。検討は以下の手順で行った。1)福祉用具開発に関するシナリオ検討福祉用具を、利用場面に基づいて3つの分野に分け、分野別に開発シナリオを検討した。主に各分野での福祉用具に対するニーズの整理と、社会環境推移を踏まえた市場規模想定を軸に、分野別の開発シナリオを検討した。各分野のシナリオ骨子は以下のとおり。A.コミュニケーション支援分野工学技術、医療技術の進歩と情報通信インフラ整備の進展、BCI(BrainComputerInterface)の進展などで、これまで困難と考えられていた領域においてもコミュニケーション支援の可能性が広がっている。それを基盤に、これまで個別対応的に分化していた支援技術が、支援対象を拡げる方向へ技術統合が進展すると予想される。具体的には、外界認識技術の融合と汎用化、意思実行装置に向けた技術統合が想定される。B.介護・自立支援分野医療技術、工学技術、ロボット技術の進歩が支援可能な動作・領域を拡大する。さらにコミュニケーション技術が支援可能場面を拡大することにより、日常動作支援から、生活関連動作(APDL)支援、生活場面での安全・安心確保の支援が今後の大きな開発テーマとなる。具体的には既存用具の洗練性向上を経て、APDL支援の方向で技術統合が進むと想定される。C.社会参加支援分野都市・交通インフラの整備、情報通信インフラの整備、コミュニケーション技術の進歩により支援可能な対象範囲が大幅に拡大し、学習、就労はもとより自然環境の享受まで含めた社会参加の拡張が共通のテーマとなる。大きな方向としては、安全・安心を確保しつつ「ユビキタスな社会参加」を可能にする、支援場面の連続性を担保する基盤技術の開発が進むと想定される。2)福祉用具開発ロードマップの検討開発シナリオの実現性評価、実現のための技術課題を整理(技術マップ作成)した。技術シーズ情報については、論文サーベイ、技術シーズ調査等でシーズ検討の材料を補強した。さらに2030年までを視野に入れ、技術開発課題の解決スケジュールを検討した。3)開発推進のための支援方策の検討ロードマップに沿った福祉用具開発の支援方策として、福祉用具の利用機会を拡大できるような制度の拡充、関連分野との技術連携体制の整備、利用者と連携した開発を円滑に行えるような環境整備などを提案した。
英文要約In this research, Development scenarios of assistive technology were drawn up. Those scenarios were constructed from economic social impact of assistive technology development, and technical feasibility. As the proper form of the future assistive technology is drawn, and to examine the technical field which should put emphasis policy, we described the load map of assistive technology development. 1) The scenario examination regarding the assistive technology development A. Communication supporting field Depending on progress of engineering technology, medical technology, information communication technology and BCI(Brain Computer Interface), so far possibility of communication support is spreading in the territory where it was thought difficulty. That it is expected that in the basis, so far the assistive technology which individual corresponding is differentiated, technical integration develops to the direction which expands the support object. Concretely, fusion of external recognition technology and the technical integration which is directed to the intention execution device are supposed. B. Nursing and self-supporting field Depending on the development of the technology which is expressed already, activities parallel to daily living (APDL) support and support of safety relief guaranty with the life scene become main theme of future development. Passing the refinement characteristic improvement of the existing equipment concretely, it is supposed that technical integration advances with direction of APDL support. C. Social participation supporting field The support possible object range expands substantially with the service of city traffic below, the service of information communication below and the progress of communication technology. As for study and work expansion of the social participation which is included becomes common theme to enjoyment of from the first natural environment. As a big direction, while guaranteeing safety relief, it is supposed that development of the basis technology which makes ubiquitous social participation possible advances. 2) Examination of the load map of assistive technology development Actualization characteristic of development scenario was appraised, technical topic because of actualization was rearranged and the technical map was drawn up. Furthermore you inserted to 2030 in range of vision, examined the solution schedule of engineering development topic. 3) Examination of the support plan for development promotion Expansion of the kind of system which can expand the utilization opportunity of the welfare equipment as a support plan of the welfare equipment development which parallels to the load map, was proposed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る