成果報告書詳細
管理番号100012475
タイトル平成19年度成果報告書 「透明電極向けインジウムの使用量低減技術開発 透明電極向けインジウムの使用量低減技術開発に関する先導研究」
公開日2009/4/3
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人東北大学未来科学技術共同研究センター 株式会社アルバック 三井金属鉱業株式会社 DOWAエレクトロニクス株式会社
プロジェクト番号P07039
部署名ナノテクノロジー・材料技術開発部
和文要約希少金属は我が国産業分野を支える高付加価値な部材の原料であり、近年需要が拡大している。しかし、途上国においても著しく需要が拡大していることや、他の金属と比較して、希少であることから、その代替性も著しく低いとともに、その偏在性ゆえに特定の産出国への依存度が高い等から、我が国の中長期的な安定供給確保に対する懸念が生じている。本プロジェクトは、希少金属の代替材料の開発、または使用量低減を目指すものでもあり、我が国の希少金属の中長期的な安定供給を確保することも目的としている。本事業の目的は、爆発的な伸びを見せるフラットパネルディスプレイ(FPD)に使用されるITOのインジウム使用量低減を目指してインジウム系新組成材料の開発、新材料及びこれに最適な革新的プロセスの開発等を行う。事業内容は以下の二つである。「液相法により合成したITOナノ粒子の内部構造・表面状態のキャラクタリゼーションおよび組成制御に関する研究開発」ならびに「メカニカルアロイングと熱処理による新規元素添加インジウム低減化ITOターゲットの新規組成探索に関する研究開発」である。液相法により合成したITOナノ粒子の内部構造・表面状態のキャラクタリゼーションおよび組成制御に関する研究開発」では、液相からの単分散ナノおよび微粒子合成であるゾル-ゲル法を主流としてITOナノ粒子を合成する際の反応初期pHの効果を明らかにすると共に、合成したITOナノ粒子の結晶内部構造および表面状態を精密にキャラクタリゼーションすることを目的として研究を行った。さらには構造や表面状態に関する知見を元にITOナノ粒子合成時における組成制御法を新規に開発することを目的とし研究を行った。「メカニカルアロイングと熱処理による新規元素添加インジウム低減化ITOターゲットの新規組成探索に関する研究開発」では、新規元素添加によるインジウム低減化ITOターゲットの新規組成の探索を、メカニカルアロイングによる微細組織の折込みと熱処理による固相拡散の組み合わせにより行った。新規元素としては、酸化マグネシウム(MgO)と酸化チタン(TiO2)を調査した。
英文要約Title:Leading research on indium decreasing technology for transparent electrode (FY2007) Final Report Rare metals are important resources for high-value materials that support domestic industries, and also their demands are increasing year by year. However, an anxiety for mid/long-term stable supply of rare metals is caused in Japan due to an increase in their demand in developing countries, their difficulties of substitute and high dependency of their productions on specific countries. In this project, we aim at development of substitution materials of rare metals and also decrease in their consumption for the achievement of a mid/long-term stable supply of rare metals in Japan.The purpose of this project is developments of basic technologies and processing technologies of new indium compositions for the low indium ITO material that can reduce the use of indium. Studies in this project are as following;“Characterization of surface and internal structures of ITO nano-particles synthesized by the liquid phase method and study of their composition control”and“Research and development of low indium ITO compositions by adding other elements using mechanical alloying and heat-treatment”In the study of“Characterization of surface and internal structures of ITO nano-particles synthesized by the liquid phase method and study of their composition control”, the monodispersed ITO nano-particles were synthesized by sol-gel method. Effect of initial pH in solution was investigated, and also the surface and internal structures of synthesized nano-particles were studied for newly development of composition control of ITO nano-particles. In the study of“Research and development of low indium ITO compositions by adding other elements using mechanical alloying and heat-treatment”, a new composition of low indium ITO target was investigated by adding other compounds such as MgO and TiO2 using mechanical alloying and heat-treatment methods.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る