成果報告書詳細
管理番号100012559
タイトル平成19年度成果報告書 バイオマス資源を利用したスターリングエンジン開発実態等に関する調査
公開日2009/4/24
報告書年度2007 - 2007
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q05017
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約バイオマスエネルギー利用のために実用化に向けた各種技術開発が行われてきており、バイオマスエネルギー利用技術のひとつとしてスターリングエンジンが挙げられる。スターリングエンジンは内燃機関に比し効率が高い上、バイオマス資源を含む様々な燃料が適用可能との特性を有することから、省エネルギー対策や地球環境問題対策に資する技術として近年、脚光を浴びている。これまでにも様々な機関で技術開発、実証試験等が行われてきたが、実用化に向けての開発課題は未だ残されていると言わざるを得ない。一方、海外諸国では、バイオマス資源利用型のスターリングエンジンが一部で実用化されている例もあり、我が国においても、今後、さらなるスターリングエンジン開発を推進し、導入普及を目指していく必要がある。本調査では国内外で実施されている開発状況を調査するともに、それらの目標や進捗状況を整理、分析することにより、我が国の産業技術を適用するなど今後実用化に向けて必要な措置を検討するための基礎資料を得ることができた。
英文要約Various technologies utilizing biomass energy have been developed for practical use, and one of such technologies is Stirling engine. Stirling engine has higher efficiency than internal-combustion engine and can use various fuels including biomass resource, which attract more attention recently as a technology that contribute to energy conservation and global environment. Although many domestic organizations have tackled the development and demonstration of the technology, many challenges are still remained for practical use. On the other hand, in foreign countries, there are some cases that commercialize the Stirling engine systems utilizing biomass resource. We also have potential to advance development toward diffusion of Stirling engines in Japan. In this survey, we researched the domestic and foreign technology development activities and analyzed their targets and status of progress. This survey serves as a basis for discussion on what we have to do for practicable application of Stirling engine, e.g. applying existing domestic industrial technologies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る