成果報告書詳細
管理番号100012728
タイトル平成19年度成果報告書 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 鶏糞ガス化燃焼熱発電実証試験事業
公開日2009/4/24
報告書年度2007 - 2007
委託先名新興プランテック株式会社 株式会社ハイテム 有限会社大友産業
プロジェクト番号P02057
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約平成19年度の実証試験事業は、エンジン発電機の燃料ガスとして使用される改質ガスをより高発熱量でかつ安定的に供給する事を目的に、長期運転中における燃料ガス中のタール改質性能の向上を実証試験で確認した。燃料ガス製造装置では、昨年度確認した熱分解ガス発熱量は3.8MJ/Nm3-4.8MJ/Nm3を維持しながら、課題であったセコノブ燃料の処理量が向上し、設計値の2.3トン/日の処理が実現すると供に灰中の未燃カーボン量2-4%まで減少した。タール改質性能向上では、まず改質ガス発熱量は平均的に3.5MJ/Nm3-4.5MJ/Nm3のガス発熱量が得られ、昨年度より発熱量の向上が測れ、しかも改質前後のタール除去率が97%となり目標値の95%を達成する事ができた。しかし、改質炉以降の冷却行程で凝縮成分を確認するとタール分が含まれ、後段のエンジン発電機への影響が懸念されることから、炭素数の分析やタール成分の解析を実施した。今後の研究ではこの微量タールの効果的な改質を目的に検討を行っていく予定でいる。エネルギー効率の検証では、各機器のカーボン分布を測定する事により、機器の性能を確認するものであり、実証試験中におけるガス、灰、ダスト、タールにおける炭素分の測定を行った。その結果、炭素の損失となる主な要素は、灰中の未燃炭素で2.36%であり、タールやダストの損失は殆ど見られていない事がわかった。緊急時対応については、設備を安全に運転する為に不可欠な排ガスブロアーを二重化するとともに、場内における停電時にも定常運転を継続できる状態に改善した。運転制御の自動化では、運転操作の最適化に基づき、燃料ガス製造装置(ガス化炉)、燃料ガス改質装置(改質炉)、余剰ガス燃焼装置(燃焼炉)の運転制御の自動化を行いほぼ完成した。今後は更に養鶏場の作業員による運転が可能となる運転を検証する必要がある。また、装置運転時間については、昨年度は3ヶ月にわたる連続運転を2度達成し、設備の安定性、安全性を確認した。
英文要約Our three companies, Shinko Plantech Co.,Ltd, Hytem Co.,Ltd, and Daiyu Sangyo Inc., proposed the filed test of "Power generation from chicken manure", and started to construct the field test plant in 2004, which would generate 55 kW electricity by the chicken manure of 64,000 birds at the Daiyu Inc, pyrolyzing the manure (fuel) after drying fresh manure by Hytem Seconov manure dryer, then reforming the pyrolysis gas, and combusting reformed gas in the engine. In 2007, we have been aimed the field test for supplying the stable high heating value of fuel gas to engine generator. In the test of gasifier, the feed rate of Seconov fuel reached at 98kg/h which is design value maintaining the high heating value of pylorysis gas that we obtained 3.8 to 4.8MJ/Nm3 last year. And then we have successfully suppressed the residual carbon contained in ash into 2 to 4%. In the improvement of reforming performance, the heating value of reformed gas was improved stably from 3.5 to 4.5 MJ/Nm3 and tar removal rate was successfully achieved 97%, and we have cleared target value 95%. But we have confirmed that the tar was contained in condensate component at after the reformer. So we defined the tar as particle tar and we have aimed more improvement of reforming performance for particle tar. To resolve this problem, we have tried the analysis of amount of carbons and measurement of particle tar component, Benzene, Toluene, Xylene, Stylene, Phenol, etc. In the verification of energy performance, we have confirmed that the most of carbon loss was residual carbon contained in ash, 2.36% and we could hardly find carbon loss in tar and soot. In the automatic control of operation, we proceeded on gasifyer, reformer, and incinerator based on optimum operations. In future, we will need the test of the automatic monitoring system which will be able to be operated by the chicken farm worker In the operation term of plant, we achieved continuous operation for three months twice last year and we have confirmed the safety and the stability of the facility
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る