成果報告書詳細
管理番号100013389
タイトル*平成19年度中間年報 定置用燃料電池大規模実証研究事業費助成金助成事業実施状況報告書
公開日2009/4/16
報告書年度2007 - 2007
委託先名財団法人新エネルギー財団
プロジェクト番号P05013
部署名燃料電池・水素技術開発部
和文要約以下本編抜粋:地球温暖化問題を検討するため1997年に開催されたCOP3で議決された京都議定書では、我が国は本年(2008年)から2012年の第一約束期間に1990年比で6%のCO2排出削減が求められている。しかしながら、2006年度のエネルギー起源CO2排出量は、1990年度比で11.8%増加しており、なかでも民生部門は41.7%と大幅に増加している。従い、第一約束期間の6%削減という目標達成を確実なものとするため、排出量の伸びが著しいオフィスや家庭を中心に新たな対策の追加等が検討され、その対策が実施されつつある。燃料電池は発電効率が高く、コージェネレーション装置として排熱回収して利用すれば、熱電併給装置として更に高い効率が得られ省エネルギー性に優れていることから、国のエネルギー政策の中で大きな導入目標が設定されている。中でも特に、住宅などに設置して家庭内の電気と熱の需要をまかなう家庭用の固体高分子形燃料電池は、そのような家庭における省エネルギーを実現しCO2排出削減を図ることのできる発電装置として期待され、その実用化及び市場普及拡大のための技術開発並びに導入環境整備がなされてきている。本事業「定置用燃料電池大規模実証研究事業」は、実際の家庭に数多くの家庭用固体高分子形燃料電池のシステムを設置し、実使用条件における運転データを取得することにより、商用化に必要な技術レベルの把握及び今後の開発課題の抽出を行うことによって、家庭用固体高分子形燃料電池を市場導入していくための基盤を形成することを目的としている。また、多数の燃料電池を様々な利用形態の住宅で運転し、そのデータをフィードバックすることにより、商用化に必要な信頼性・耐久性の向上、及びコストダウン・大量生産への布石等の効果を得ること、また本事業を広く紹介し運転実績等を積極的に公開することによる家庭用燃料電池の一般における認知度の向上等の効果を得ることを目的としている。
英文要約The Stationary Fuel Cell Large-Scale Demonstration Project is a 4-years project since FY2005. In this project, 1kW class PEFC(Polymer Electrolyte Fuel Cell)s are installed at individual houses in large number, and the operational data under actual usage conditions are collected in order to clarify the problems to be solved for the commercialization of residential fuel cell system. New Energy Foundation subsidizes energy suppliers such as gas companies or oil companies who install and operate the fuel cell systems at individual houses. 930 residential fuel cell systems are installed with the 3.5 million yen subsidy for each unit in FY2007. Operation data of the fuel cells installed at individual houses are gathered to be analyzed in the viewpoints described below. Analyzed results are reported to the evaluation committee, the performance evaluation task force and the meeting of energy suppliers and feed backed for the refinements of the fuel cell systems. R&D results described below are obtained through the evaluation of operation data and the information exchange & consideration between energy suppliers & manufacturers. ・Plenty of the verification results are accumulated ・The effects of fuel cell system installation such as the reduction of primary energy and CO2 emission are clarified and the social availabilities of fuel cell system are verified ・Many operation data are utilized to improve the system and operation performances ・The relation of the installation condition and the effect of saving energy is clarified ・Large cost down of the fuel cell system is accomplished ・Improvement of fuel cell system endurance and reliability are forecasted through the analysis of troubles NEF uploads the articles about the outline of this project and the result of data evaluation on the NEF internet homepage ( http://happyfc.nef.or.jp/) to introduce them to the public. NEF explains the outline of this project and the result of data evaluation utilizing panels and mockup models in some exhibitions to have the public understood about PEFC system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る