成果報告書詳細
管理番号100013405
タイトル平成20年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業(基礎事業) 国際エネルギー消費効率化等協力基礎事業 中華人民共和国におけるセメント産業に係る省エネルギー・環境対策に関する基礎調査
公開日2009/4/24
報告書年度2008 - 2008
委託先名太平洋エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93049
部署名
和文要約中華人民共和国のセメント産業は世界第1位の生産能力(13.6億トン/年)を持ち、同国の経済成長に合わせ今後も増産が見込まれているが、中国政府は同産業における省エネ及び環境対策の推進は極めて重要な課題であるとして省エネ環境対策の早期実施を迫っている。こうした背景の下、中華人民共和国政府国家発展改革委員会(NDRC)の協力によって推薦された、エネルギー消費効率化効果、環境対策効果が期待されるセメント工場を対象に調査を実施し、過去に実施した「セメント排熱有効利用モデル事業」の技術普及およびモデル事業の案件発掘及び普及等に資することを目的とした。現地調査は中華人民共和国国家発展改革委員会から推薦された、亜泰集団哈爾濱水泥公司と陜西秦嶺水泥(集団)有限公司について実施した。・亜泰集団哈爾濱水泥公司現在のエネルギー消費量は電力原単位については国家発展改革委員会の目標より低く良好であるものの、熱量原単位が設備規模を考慮しても高いことが判明した。検討結果は以下の通りであった。(1)プレヒータサイクロン低圧損化において#1キルンの省電力は0.47kWh/t・clinker、CO2の削減量は153t/yであった。(2)多機能バーナの適用によって、#1キルンの熱量が7kcal/kg.clinker低減し、CO2の削減量は1,020t/yであった。(3)運転管理による燃費低減(外気漏入対策他)では、#1キルンが44kcal/kg.clinker、#2キルンが36kcal/kg.clinker低減し、年間CO2の削減量は#1キルンが6,414t/y、#2キルンが11,995t/y、2基合計で18,409t/yであった。(4)仕上ミル予備粉砕機導入と仕上ミルへの省電力タイプ高性能セパレータ導入は既設の設備の状況から同時に実施する必要があり、#1キルン系No.5仕上ミル系に導入した場合、省電力は4.89kWh/t・clinker、CO2の削減量は2,862t/yであった。「環境対策」に関しては、水質、騒音のデータが得られなかった。大気についてもデータが得られなかったが、排気煙突からのばいじん排出量は目視では、既設キルンの規制値である100mg/m3N以下だが、新設キルンの規制値の50mg/m3Nは大きく超えているように推測された。・陜西秦嶺水泥(集団)有限公司現在のエネルギー使用量であるが、電力原単位、熱量原単位とも、設備規模を考慮してもかなり高いことが判明した。日本の現状に対しても、同社の数値は高く、今後改善の余地があると考えられる。討結果は以下の通りであった。(1)プレヒータサイクロン低圧損化において#5キルンの省電力は0.32kWh/t・clinker、CO2の削減量は187t/yであった。(2)多機能バーナの適用によって、#5キルンの熱量が8kcal/kg.clinker、#6キルンの熱量が7kcal/kg.clinker低減し、CO2の削減量はそれぞれ2,099t/y、1,895t/y、合計3,994t/yであった。(3)運転管理による燃費低減(外気漏入対策他)では、#5キルン、#6キルンがそれぞれ32kcal/kg.clinker低減し、年間CO2の削減量はそれぞれ8,397t/y、8,663t/y、合計17,060t/yであった。(4)仕上ミル予備粉砕機導入と仕上ミルへの省電力タイプ高性能セパレータ導入は既設の設備の状況から同時に実施する必要があり、#5キルン系(No.6,7仕上ミル)と#6キルン系(No.8,9仕上ミル)に導入した場合、省電力は各々8.19kWh/t・cement、CO2の削減量は合計で6,764t/yであった。「環境対策」に関しては、水質、騒音についてはデータが得られなかった。大気についてもデータが得られなかったが、目視では現状中国国内環境基準の既設キルンの規制値100mg/m3N以下だが、新設キルンの規制値の50mg/m3Nは大きく上回っていると推測された。
英文要約The Cement Industry of China is the largest cement producer (1,360 million ton/year) in the World and it is expected to increase the capacity further in future with the economic growth of the country. The Government of China is emphasizing the cement plants to implement the energy saving and environmental protection measures expeditiously, in order to promote the energy saving and to protect the environment of the country as a whole. Under such circumstances, the Study was conducted on the cement plants which are recommended for the Study in cooperation with NDRC and where the effects of energy saving and environmental protection are expected. The Study also aims at dissemination of the past model projects for effective use of waste heat from cement industry and it's findings. The Shaanxi Qinling Cement and the Haerbin Cement are selected for the proposed Study by NEDO and NDRC.・Haerbin Cement The power consumption of the Plant is lower than the guideline of NDRC but the heat consumption of the Plant is higher than the standard level. The result of Study is as follows. (1) The reduction of power consumption and GHG emission of #1 kiln by the low pressure top cyclone are 0.47kWh/t・clinker and 153 tons/year respectively.(2) The reduction of heat consumption and GHG emission of #1 kiln by the high efficiency kiln burner are 7 kcal/kg・clinker and 1,020 tons/year respectively.(3) The reduction of heat consumption and GHG emission of #1 kiln by the improvement of kiln operation(countermeasure of false air) are 44 kcal/kg・clinker and 6,414 tons/year respectively. The reduction of heat consumption and GHG emission of #2 kiln by the improvement of kiln operation(countermeasure of false air) are 36 kcal/kg・clinker and 11,995 tons/year respectively.(4) The reduction of power consumption and GHG emission of No.5 mill of #1 kiln by the pre-grinding system and the high efficiency air separator are 4.89 kWh/t・clinker and 2,862 tons/year respectively. As for the environmental protection, it is observed that the dust emission level of the Plant conforms to the regulations for existing plant. ・Shaanxi Qinling Cement Both of the power consumption and the heat consumption of the Plant are higher than the guideline of NDRC. The result of Study is as follows. (1) The reduction of power consumption and GHG emission of #5 kiln by the low pressure top cyclone are 0.32kWh/t・clinker and 187 tons/year respectively.(2) The reduction of heat consumption and GHG emission of #5 kiln by the high efficiency kiln burner are 8 kcal/kg・clinker and 2,099 tons/year respectively. The reduction of heat consumption and GHG emission of #6 kiln by the high efficiency kiln burner are 7 kcal/kg・clinker and 1,895 tons/year respectively.(3) The reduction of heat consumption and GHG emission of #5 kiln by the improvement of kiln operation are 32 kcal/kg・clinker and 8,397 tons/year respectively. The reduction of heat consumption and GHG emission of #6 kiln by the improvement of kiln operation
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る