成果報告書詳細
管理番号100013413
タイトル平成19年度成果報告書 企業、大学・公的研究機関のエネルギー分野等を中心とした保有技術の海外流出リスク実態調査
公開日2009/4/24
報告書年度2007 - 2007
委託先名東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
プロジェクト番号Q05006
部署名企画調整部
和文要約近年のグローバル化、情報化、人材の流動化の進展により、技術の海外流出リスクが増大している。行政・立法・産業各界の技術流出防止の動きも活発化しており、先導して取り組む企業等もある一方で、組織の特性や研究開発の技術分野等により状況は様々であり、実態について包括的に把握されていない。そのような情勢を踏まえ、本調査では、これまでにNEDOが実施した研究開発プロジェクトに参画した12組織を対象に、各組織体と外部との関係の実態および技術管理・活用の実態や海外技術流出防止策について把握を行い、その中から課題を抽出し、NEDO等が今後講じるべき対策を提言した。調査の第1段階では、公開資料に基づき対外関係の拡大状況などを調査し、技術流出リスクとリスク対応策の実施実態を評価した。対外関係の拡大状況などについては、組織体ごとに一定の特徴が判明した。大企業は広い地域に拡大展開済み、ベンチャー企業は今後の展開次第、大学は広い地域に拠点を設け一定の研究分野で交流中、公的研究機関は特定の機関と関係がある。リスク対応策の実施状況については開示が芳しくない組織もあった。ここでは、大企業や公的研究機関に比べ中小・ベンチャー企業や大学、特に大学において多くの課題があること、人材流動化(人材派遣・受入、転職等)といった人的要素が技術流出リスクを高めていることはどの組織体にも共通する課題であるとの結論が得られた。第2段階では、調査対象とした12の組織体の協力を得て、技術管理への問題意識や取組の現状と課題のヒアリング調査を行った。ここでは、ベストプラクティスの候補事例を拾い上げることができた。技術流出リスクに対する課題としては、大学および中小・ベンチャー企業において「グローバル事業活動」および「人材流動化」に関わるリスクが大きいことが確認された。また、大学のリスク対応状況について他の組織体から厳しい評価を受けていることがわかった。また、中小・ベンチャー企業と公的研究機関は技術管理と組織規模のバランスが取れている(1取り扱う技術分野が特定されており管理しやすい、2人員が少数であるため管理の目が行き届きやすい)という共通点が発見された。さらに、安全保障貿易管理の取組状況については、大規模な組織体以外では今後の課題としている組織体が多いことが判明した。最後に、公開資料調査およびヒアリング調査によって明らかとなった課題をもとに、今後のイノベーション促進のために必要な技術管理のあり方を提言した。提言の前提として、適切な技術管理とイノベーションの促進はトレードオフではない可能性があること、また、効果的な技術管理を行うためには、技術情報の保有者自身が自主管理する枠組みを整えることが望ましいことを挙げておく。この前提を受け、今後の技術管理のあり方について本調査は以下のように提言する。民間では、各組織体の現場が適切に技術情報等の自主管理を行うための「知見の集積と認識の向上」が必要である。具体的には、組織体の中に1知見を集積する仕組みの構築、2知見を集積するための動機付けの確保、3現場での認識不足等を補うための監査等によるチェック、4現場研究者および技術管理担当者が技術管理を積極的に行うためのモチベーション向上策、5より効果的な「人」の管理の手段・手法の検討などである。また、国等が行う施策としては、1国等が技術情報の移転を制限する場合の理由とその範囲の明確化、2研究開発の現場に対する制度等の周知・徹底、3民間の自主管理促進への支援、4不正な第三者からのアクセスや違法流出への取り締まりが挙げられる。
英文要約This research studied 12 organizations participated in one of NEDO R&D projects. It examined the external relations of these organizations, how they manage and utilize technology, and their efforts on the prevention of technology outflow to overseas. Then, we identified existing problems and made recommendations on measures against technology outflow. The initial phase looked at to what extent each organization has developed its external relations and evaluated the risk exposure with regard to technology outflow and the level of current countermeasures. We observed that SMEs, venture companies, and universities tend to have higher risk exposure than big corporations and public research institutions. Also, human factors (e.g. the mobilization of human resources) increase the risk of technology outflow. In the second phase, we conducted interviews with our target organizations, inquiring about their awareness of, current efforts on, and issues on technology outflow. Following conclusions were obtained. Firstly, universities, SMEs and venture companies are exposed to great risks relating to global business activities and the mobilization of human resources. Second, other organizations think that universities should develop risk control techniques. Third, a common feature of SMEs, venture companies and public research institutions is that the level of technology management is proportionate to the size of the organization. Lastly, many organizations, except for big ones, are yet to tackle the issue of security export control. Based on the findings, we suggested how technical information management should be to promote innovation. There are two premises. Firstly, the adequate technical information management does not necessarily trade off against innovation promotion. Second, there should be a framework where holders of technical information can manage such information by themselves. Recommendations: As for the private sector, for the purpose of adequate management of technological information in the field, it should accumulate knowledge on technology management and promote awareness on this issue. More specifically, the private sector needs to: 1) build the mechanism of accumulating such knowledge; 2) ensure the motivation to accumulate such knowledge; 3) conduct checks to complement the lack of understanding in the field; 4) improve motivation of researchers and those in charge of technical information management so that they will actively engage in technical information management; and to 5) consider more effective human resource management. As for the governmental level measures, the public sector should 1) clarify the reasons for and scope of the limitation of transfer of technical information; 2) provide relevant information to those involved in R&D; 3) support the promotion of self-management of technology in the private sector; and 4) regulate the illegal access by third parties and illegal outflow.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る