成果報告書詳細
管理番号100013441
タイトル平成19年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A19001a 流域での生活排水処理におけるGHG排出等環境負荷推定・モデル開発 平成19年度中間
公開日2009/4/16
報告書年度2007 - 2007
委託先名国立大学法人東京大学沖大幹
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約流域における水資源管理のひとつである都市の生活排水処理について、プロセス全体の挙動を動力学的手法に基づき合理的に概念化された数値モデルを開発し、水質改善効果とエネルギー消費量及びCO2排出量を総合的に評価するモデリングシステムを開発した。 開発されたモデリングシステムでは、洪水イベント時の排水処理システムの最適化等により水質改善効果とエネルギー消費量の削減を両立できる可能性があることを数値実験により定量的に明らかにした。
英文要約We have pursed the research related to the following subject; (1) Technological developments to predict the water quantity and quality into the Waste Water Treatment Plant (WWTP) (2) Evaluation of the energy consumption and CO2 emission in the urban sewer system based on the Life Cycle Assessment (LCA) technique. (3) Modeling efforts were aimed at the quantification of the efficiency of different management strategies on the sewer pollutant reduction. It can be shown that the examined storm water management measures, especially the real time control measures as reduction of the amount of impervious areas, can reduce the combined sewer overflow activities, and in consequence prevents pollutants from discharging into the receiving water during the rainfall events.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る